Blog Archives

私が関心あるもの

タイル張りのキッチンでは

タイル製キッチンのおさまりのイメージが自分の中で確と定まらないので

知人の工務店の現場見学会を見に行きました。

敷地に余裕(600坪)があり現地で見学会の最中に子供たちが

敷地内でキャッチボールをしていました。

八家族くらい来場中でものすごく盛況。混雑しているほど。

サニタリーは外国のホテル風、タイル張りのキッチン、中二階にして広いリビング、

かつ杉板の床。規模仕上げとも夢のある作りでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タイル張りキッチン

図1

タイル張りキッチン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

横浜市港北区「Y」様邸

レイリー波での地盤調査3

本日は計画地で建主Yさんと設計者さんと3者定例でしたので、

草刈機持参で現地に向かいました。

ここ4日、事務所に缶詰で事務作業に追われる毎日でしたので、

少し体力不足を感じます。

まずは現地で、超音波地盤試験(GL-10m)の調査報告及び、

既存新設擁壁に関する現地調査報告を行いました。

実は、着工前の現段階で、宅地造成に関し3者が以前から認識している問題があって、

今回はJIOの第三者瑕疵保保証を付けますが、

既存の造成工事や擁壁にからむ不同沈下などは保証対象外ですし、

請負工事の瑕疵の範囲ではないので、その対応策に関しての協議に時間をかけ、

建主Yさんにご説明いたしました。

設計者さんのお話では、地盤の強度の軟弱に関しては、想定の範囲内の結果であったものの、

その調査結果の部分的に気になる厳しい数値と、

宅地造成の現状の懸案事項の相互関係がリンクしてきた印象で、

更にボーリング調査で支持層の確認をした上で地盤改良の結論を出した方がよい。

とのお話しになりました。

改良の場合は、柱状改良600φを21本との計算です。

擁壁底盤の部分との取り合いがむずかしいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

草刈り器

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

横浜市港北区「Y」様邸

レイリー波での地盤調査2

07/15 レイリー波による地盤調査

先日の地盤調査の様子です。今回は5箇所測定いたしました。

今回は、着工・竣工日が融資の関係でほぼ決まっております。

設計事務所の実施設計期間がかなり限られており、

こちらも施工図を同時進行で進める感じで対応させていただいております。

次回定例まで、宿題は盛りだくさんで、時間に日々追われる感じです。

自分の事務所のパソコン環境はすべてMacで運用しています。

建築家の設計者さんには、

大変珍しい次世代工務店と評されましたが、7100AV + 漢字Talk5.1からです。

最近、設計者さんのところと容量の大きいデーターのやりとりが増えたものの、

サーバーの相性が悪い時間帯があるようで、ちとスムーズでない日があります。

「あっ!送付できていない」なんて事がありました。

データ共有のベスト案を現在、2人で模索中です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レイリー波起震器

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

茅ヶ崎市「K5」様邸

花卉アクリル温室ケースと土嚢入れには

茅ヶ崎市のかたから、草花を入れる温室ケース兼用の土のうを入れるケースの

見積もり依頼がありました。

こちらの近辺は、大雨のときに川があふれる事がありその対策のために

土嚢を用意する必要があるとのことです。

そのストック置き場に花卉ケースの下を使うように考えました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

施工前

図1

施工前

onshitsu.jpg

図2

花卉(かき)アクリルケース兼用土嚢入れ

クリックすると二倍の大きさに拡大します

DSCF3429.jpg DSCF3421.JPG

図3

施工後

これで、温室ケースで草花を観賞しつつ、溢水のときの土嚢を保管することができます。

──────────後日談

WordPressプラグインLightBox2はコンクリフトを起こす可能性がありますので、停止しました。

従って拡大しません。ご容赦ください。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓