藤沢市「K3」様邸 Archive

藤沢市「K3」様邸

【メンテナンス】高級木製玄関ドアの塗装補修2

大手住宅機器メーカー「Y」社製の木製高級玄関ドアです。

塗膜が7年ごとぐらいにはがれてしまい、メーカーに頼んで塗り直しをするそうですが

その都度、玄関戸をはずして工場に持って行き塗り直しをするので、仮設の玄関ドア代替品を

ベニヤでふさぐのが困るという事で現地での塗装という条件で注文をいただきました。

藤沢市で海岸に近いので、潮風も劣化の原因になっているかもしれません。

「Y」社製の高級木製ドアだけあって玄関ドア扉板が厚く(50ミリ)重厚感があります。

既存塗膜も厚くなっていますので、剥離にずいぶん時間がかかりました。

施主様の指定色になるべく近い色で塗り直しをしました。

どういうわけか、玄関ドアの隣の窓枠が玄関ドアにあっていません。

塗膜剥離のあとに、玄関ドアとなるべく近い色でこちらも塗り直しをしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG_0359.jpg IMG_0360.jpg
塗膜のはがれ
IMG_0366.jpg IMG_0909_2.jpg
既存塗装──────────新規塗装

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「K3」様邸

【メンテナンス】高級玄関ドアの塗装補修

藤沢市の方からドアの補修依頼がありました。高級木製玄関ドアに装飾金物が付属しています。

玄関ドア自体には、キックガードがあり、ドア枠にも保護金物があります。

そ保護金物が経年劣化ではがれかかっています。装飾金物を一旦取外し、ハンダで接着して、

再取り付けしたかったのですが、床板大理石を傷める可能性が有り出来ませんでした。

やむを得ず、枠になるべく密着させ、雨水を浸透させない形でステンレスメッキ釘打としました。

現在では木製でも金属製でもドア厚は平均35ミリから40ミリ程度が普通ですが、

こちらのドアは厚さが50ミリで玄関天井までの高さが有りました。2300ミリ程度でしょうか。

木製ドアでそれだけのボリュームがあるものは初めて見ました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

写真 1.JPG 写真 2.JPG

既存装飾金物1──────────既存装飾金物2

写真 3.JPG 写真 5.JPG

釘(ステンレスメッキ)打ち

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓