横須賀市「M」様邸 Archive

横須賀市「M」様邸

【リフォーム】横須賀市「M」様邸 外部リフォーム、修理まとめ

横須賀市の「M」様邸の外部リフォーム、修理工事が終了しました。

お父様の代からの不要材がだんだん蓄積されてきて、その片付けを一気にするのは大変で

ずっとそのままになっていましたから、思い切ってこの際。と言う事で当社にご依頼されました。

建物敷地が全部で100坪あることもあって、広範囲に不要材が置いてあります。

作業をしやすくするために、最初にその片付けから始める事になりました。

産業廃棄物としての処分量が相当数あり、どちらの取り壊し+リフォーム現場ではそうですが、

当初の見積量より倍以上出てしまいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

既存3 P2190005.JPG

施工前──────────施工後

以前の土間が壊れてしまったこともあって、コンクリートで玄関アプローチを打ち直し、

玄関前には、尺角(300ミリ×300ミリ)のタイルを張りました。

玄関内のタイルと色違いにしてあります。

土間が新しいうちに傷がつかないようにベニヤをしいていましたが、写真の邪魔でした。

既存4 P2190011.JPG

施工前──────────施工後

既存の塀は通称トタン(小波板鋼板)で、固定のためのフックボルトが鉄製でしたから、

20年超の結果、錆がひどく、見た目も良くありません。

新規に小波板鋼板に交換し、固定のボルトもステンレス製フックボルトにしました。

P2190010

ステンレス製フックボルト

ひとの背の高さの部分は、触れて怪我をしないようにボルト余長をカットしてあります。

既存1

施工前

途中経過1 途中経過2

施工中塀下地──────────施工後

化粧ブロック + アルミフェンスのほうが見栄えも良いのですが、コストパフォーマンスの事もあって、

単管 + 小波板鋼板にしました。

以前のトタン板よりも現在では工場塗装も良くなっていると思いますので、持ちも良いと考えます。

既存5 P2190013.JPG

施工前──────────施工後

上記写真の反対側の敷地外側通路部分です。

PC250039.JPG P2190009.JPG

施工前──────────施工後

敷地外側通路部分、下地アングルは錆はあったものの丈夫でしたから、錆び止め + 塗装後に

コストをなるべく安くするためにそのまま使い、ステンレス製フックボルトで取り付けました。

PC250015.JPG

施工前

井戸側部、ちょうど合うフタがないものですから、有り合わせの鉄板でフタをしてます。

強風の時には鉄板がずれる、外れてしまうと言うのが悩みだったそうです。

コンクリート製井戸フタ コンクリート製井戸フタ2

施工後

左 井戸フタ製品を置いたところ。

既製品の井戸フタを入れ込みましたら、井戸側が楕円形になっていたのに気がつきました。

まさか、楕円形に製作されていたとは思いつきませんでした。

右 把手が無い井戸フタですから重なりがあるほうが開け閉めできるのでちょうど良いと思いますが、

施主様のご希望で、ぴったりに納めるようにカットして入れ込みました。

既存6 既存2

施工前

スクーター車庫兼物置 長年の経年劣化で錆が多く出ていますので、屋根壁とも取り替え、

さらに、大きさを小さくしました。

P2190027.JPG P2190026.JPG

施工後

入口の扉を閉めると暗くなりますから、保存してあるサッシを取り付けて採光が出来るようにしました。

PC250017.JPG

施工前

出入り口はシャッターですから、摺動部に錆が出て重くなり、開け閉めが大変になっています。

P2190020.JPG P2190021_2.JPG

施工後

開け閉めを軽くするために、保存してある鋼製雨戸を利用しました。

当初は、ポリカーボネート製小波板で作成するつもりでしたが、

巾が一間(1820ミリ)ありますので意外にねじれる事、こすれが出ることがわかり、

雨戸で作ることにしました。

(軽くて丈夫、ねじれにも強い)

金物1 P2190023.JPG

施工後

引き戸吊り戸にすれば、出入り口を軽く開け閉めが出来ます。

ガイドレールとしてC型チャンネル鋼(60 × 30 × 15 × 2.3)を部分カットして使いました。

吊り戸金具に合わせてカットしましたから、外れにくいと思います。

既存8 P2190003.JPG

施工前──────────施工後

ついでに既存土間が色あせていますので塗装しました。

蹲踞(つくばい)

蹲踞(つくばい)

蹲踞(つくばい)を久しぶりに個人のかたの住宅で見ました。

和風の庭園は、実に落ち着きますので気分が良いものです。

広い庭の手入れは、手間がかかるものですので片付けが済んで敷地内がスッキリしましたから

「M」様は、これで庭の手入れに精が出る事でしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

横須賀市「M」様邸

【リフォーム】井戸のコンクリート製蓋(フタ)をカットする

井戸の外枠が楕円で閉まらなかった蓋をコンクリート用のサンダーの刃でカットしました。

コンクリートの製品はカットすると角が欠けてしまう恐れもあって、

なるべく既存のままのほうが、開閉しやすいこともありますから、

そのほうが扱いやすいかと思いましたが、取り外す事はまずない。ということですので

施主様のご希望で外枠ぴったりに納めることにしました。

工事をするものの立場では、もしもの時の可能性を考えてしまいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コンクリート製井戸フタ コンクリート製井戸フタ2

施工前──────────施工後

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

横須賀市「M」様邸

【リフォーム】リフォーム工事(ほとんど片付け)ただいま工事中

横須賀市の「M」様邸の外部のリフォームをしています。

既存の古い倉庫の部分解体もありますから、片付け仕事がほとんどです。

いろいろな物の処分が大変な作業です。

回収の量が半端無くありますから、さすがに今回は回収の業者さんに頼みました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

井戸2 井戸1

井戸フタ以前──────────フタコンクリート設置

塀1 塀2

細い道の共有道にそった塀(内部)

既存──────────新規

下地の錆びた鉄骨ごとはずして新規に単管パイプを立てて、それに小波板(アイボリー)を

取り付けしました。

塀4 塀3

細い道の共有道にそった塀(道路側)

既存の下地鉄骨アングルは使えそうですので、既存小波板を外し、なるべく費用をかけないで

錆び落とし、ペンキ塗りをして小波板を取り付けます。

以前の取り付け金具アングルが錆び付いて見た目も良くありませんでしたので、

ステンレス製にして取り付けます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

横須賀市「M」様邸

【現場チェック】まさかの結論 井戸枠が楕円だった

横須賀市「M」様邸に井戸のコンクリート製蓋を持参しました。

半円形2分割になっていて、おおよそ一枚が40キログラム程度有ります。

コンクリート製品販売店から引き取って、軽トラックで持参し、現地まで手押し一輪車で

一個ずつ持ち運び取り付けしました。以前は、トタン板等で覆っていましたから、

強風等でそのトタン板が飛んでしまうこともあって重いコンクリート製蓋を希望でした。

半円形の蓋を最初に一枚取り付けようとしたところ、微妙に入らないのです。

おかしいな?と思って再度2方向の寸法をはかったところ、直径に違いが有りました。

なんと、片方が製品より10ミリ短いのです。

井戸側の直径が片方が870ミリ、もう一方が850ミリしか有りません。楕円になっていた訳です。

コンクリート製品はきちんとした鉄枠に入れて生成しますから、寸法の狂いが有るはずは無い。

という私の思い込みでした。

それにしては、形状が真円に近く見えましたが、現場打ちの井戸側だった可能性があります。

まさか、楕円になっている井戸側が有るとは思いませんでした。

やむを得ず、楕円の長辺側に一枚を入れ込んで、もう一枚は斜めにかぶせました。

端部をカットして入れ込めばきれいに、平らになりますが、

既成コンクリート製品ですので、現場カットでははじがきれいにならない可能性がありますし、

重い製品ですので、持ち上げるのに苦労します。いずれにしても困った問題です。

次回他作業時に調整してみたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

井戸のコンクリート製蓋

コンクリート製井戸の蓋を付けたところ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

横須賀市「M」様邸

【アフターサービス】普通売っていない井戸のフタを買うには

横須賀市の「M」様より、通称井戸側(イドガワ、井戸のフタ)のご注文をいただきました。

井戸のコンクリート製フタは一般のかたが行かれる店では売っているところは少ないと思います。

井戸自体敷地内にお持ちの方は少なく、ある程度の広さを持って古いお宅でないとありません。

しかし、少需要ながらも定期的に必要になるもののひとつがこの井戸のフタではないかと思います。

その場合には、私も困りますし、皆さんも買い求めに困ると思います。

このように普段出ないものを求めるために、

餅は餅屋と言う事でたくさんの職方さんと私は、おつきあいをすることにしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イドガワ、井戸のフタ

直径がφ870ミリのコンクリート製井戸の蓋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

横須賀市「M」様邸

【リフォーム】玄関回りの外構をきれいにするには

横須賀市の「M」様から外構のお見積もり依頼をいただきました。

2010年に工事させていただきましたから、かれこれ2年ほどなります。

当時は建物のみで外構の工事はほとんどされませんでしたが、

広い敷地の片付けが一段落されたので、お声掛けいただいたと思います。

ご訪問させていただき、お茶をごちそうになりひとしきり当時のお話をさせていただきました。

また、知人の方の建築のご相談なども。

こうして、工事終了後に快く迎えていただける事は嬉しいものです。

──────────お見積もりのお打ち合わせでは

リフォーム当時にしていなかった外構のお見積もりをお話しさせていただきました。

玄関周囲のコンクリート打ち、外周の小波板の交換、倉庫周囲の小波板の交換などです。

敷地が広いですので、作業はしやすいですが反面作業量が有りますので大変なところもあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PC250036

玄関周囲、樹木を回避して土間うちを検討

PC250040

目隠しの小波板、錆び付いたので交換を検討

PC250043

倉庫周囲、錆で雨漏れが有るので交換を検討

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

横須賀市「M」様邸

【修理】ダイニングカウンターのリペアでは

横須賀市の「M」様邸のダイニングカウンターにヒビが出ましたのでリペアに伺いました。

天然の木材ではひび割れが出る場合がありますので都度修理をさせていただいています。

repear2.png

左上から

  1. ダイニングカウンターヒビ遠景
  2. 〃近景
  3. マスキングテープ貼り、補修
  4. ヒーターによる乾燥
  5. つや出し
  6. 完成

専門のリペア業者による修理では見た目はまったくわかりません。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

横須賀市「M」様邸

【リフォーム】エアコンの100V、200Vを選択するには

エアコンの件でお客様横須賀市「M」様から聞かれました。

「エアコンを新規に購入したいのだが、200ボルトは使えるか」とのことでした。

各室のエアコンには新築の場合、専用コンセントを普通は設置します。

通常は100ボルト用のコンセントにしますが、切り替えればば200ボルトになります。

その際には分電盤の子ブレーカーの部分を一旦外して200ボルトに切り替えます。

作業は電気工事業者が行います。トラブル防止のため一般のかたはしてはいけません。

200ボルトのコンセントに100ボルトの機器を間違ってつなげられないように、

コンセントの形状が100ボルトと200ボルトで違いますので誤接続の心配はありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P7290019.JPG
1
P7290021.JPG images.jpeg
2──────────3
  1. 分電盤のカバーを外したところ
    右側の小さいブレーカーで切り替えます。
  2. 100ボルト用コンセント。200ボルトと形が違います。
  3. 200ボルト用コンセント

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

横須賀市「M」様邸

【引き渡し】引き渡し後に使えなくなる工事用キー

05/27 引き渡し後に使えなくなる工事用キー

玄関ドアを設置すると以下のキーがついてきます。(トステム社)

施主用キー3個、工事用キー3個、取り外せるサムターン2個、(ダブルロック)

このうち施主用キーは開封できないようになっていますので開封しないまま

お引き渡し時に施主様にお渡しします。(キーのコピーを防ぐ為です)

実際に工事用キーが施主キーを差し込んだら使えなくなるか施主様に試してもらいました。

施主用キーを差し込んでまわさなくとも工事用キーは差し込めなくなりました。

このように防犯上の対策がされていますので安心しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

──────────後日談

この記事は2011/12にテーマの脆弱性に問題があり、サイトのデータを全消去し

再度復旧したものです。テキストデータは保存してあったもので復旧出来ました。

写真データは保存済のもので出来るだけ差し替えましたがこの写真は復旧出来ませんでした。

すみませんが、ご容赦願います。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Hint

横須賀市「M」様邸

【リフォーム】横須賀市「M」邸の完成

横須賀市「M」様邸が完成しました。仮設通路を元通りにしてお引き渡しです。

出来ればアルミフェンスがいいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P5130011.jpg

仮設通路の復旧

 

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓