藤沢市「A」様邸 Archive

藤沢市「A」様邸

【リフォーム】築四十年のリフォーム3

以前お見積もりしていた現場で施主様の了解をいただいて、注文をいただきました。

作業箇所は、トイレ兼用→洋風ウォシュレット。天井和風竿縁天井→石膏ボード下地、クロス。

既存厨房→システムキッチン。掃き出し、玄関木製サッシ→アルミサッシ。

浴室据置→広げて洗面スペースとタイル張りの浴槽。

と作業するところがたくさんありますので、順次すすめて行きたいと思います。

201201111743.jpg 201201111743.jpg 201201111743.jpg
 
201201111744.jpg 201201111744.jpg 201201111744.jpg

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「A」様邸

【リフォーム】築四十年の住宅のリフォームでは2

古い木造の建物のリフォームで一番修理に困る部分は雨戸の部分でしょうか。

長年使ってきて木製の雨戸レールのミゾの部分ががすり減ってきた結果、

雨戸が滑らなくなり、開け閉め時にがたつき、風の強い日などはがたつきがひどくなります。

溝が減ってきている分少し溝を深くして溝をなだらかにすると、

今度は建具の高さが足りなります。常時雨掛かりする部分なので傷みは早くなります。

しかもむかしは網戸が標準装備でなく、後付けの網戸レールがあるために

そちらもがたついていることが多く見受けられます。

修理するパターンとして

  1. 雨戸だけをアルミ製か鋼板製の雨戸にする。
  2. 雨戸と雨戸レールを木製からアルミ製に交換する。
    この場合は既存の木製雨戸レールがかんたんに外れるのが条件。
  3. 雨戸と木製建具(窓)とも交換する。

こうすれば開け閉めのしにくかった窓とも交換できて、雨戸、窓も開け閉めが楽になり、

網戸も密閉性がよくなるので快適にはなりますが、費用がかるという一長一短があり、

施主がどこまで直したいかの希望にもよりますので、判断に迷うところです。

反面、レトロな建物は「三丁目の夕日」をイメージされる方が多いせいか人気があるらしいです。

201201110422.jpg

築40年の建物 住宅の玄関風景

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「A」様邸

【リフォーム】築四十年の住宅のリフォームの現況では

お客様から打診があって、築四十年になっている現地を訪問しました。

さすが柱も黒ずみ、壁も当時流行の繊維壁がところどころおちています。

昭和の古い町並みが思い出されるようです。

新築当時のままそのまま生かすのもレトロな雰囲気でいいのですが、さすがに使いづらいと思います。

得にそのうちでは水回りの、浴槽がバランス釜でシャーワーが使いづらいように感じます。

リモコン式強制追焚でないので、お風呂を沸かすのがたいへんです。

電気系統は、ほとんどがプルスイッチです。以前はこのタイプでしたね。

あとは、雨戸レールが木製なので摩耗が激しいので(摩耗して凹凸があり)開け閉めが大変です。

など、使い勝手に不具合がたくさんあるので相談して項目を整理することにしました。

201201110415.jpg 201201110416.jpg 201201110416.jpg

築40年の住宅現況

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓