生活のヒントブログ             > 2リフォーム > 神奈川県 > 茅ヶ崎市 > 茅ヶ崎市「S4」様邸 > 【現場チェック】ユニットバス交換時の給湯器のアダプター
茅ヶ崎市「S4」様邸

【現場チェック】ユニットバス交換時の給湯器のアダプター

浴室をタイル → バスユニットに交換するときにはバスユニットは出湯口がひとつですので

給湯器の出湯口をそのまま使うかどうかが問題になります。その問題とは、

給湯器の強制循環式出湯口を使うか、自然循環式の出湯口を使うかという問題です。

旧式の給湯器は通称二穴(にけつ)で自然循環式で浴槽に給湯します。

拡大図で見えている黒いゴムの部分です。新式の給湯器にはその二穴がありません。

強制循環式でバスユニットの出湯口に接続します。

いずれにしても古い給湯器であってもバスユニット交換ではそのまま使う事が出来ます。

(ただしこれは当社独自の工事経験の判断で、メーカーは保証していません)

しかし、沸き上がりは以前より若干遅くなると思います。

下記写真のように給湯器周囲の給湯配管を取り替えておけば、

もし給湯器が壊れて交換になってもさほど浴槽周りの

配管接続手間がかからず交換できると思います。

——————給湯器によっての接続の違い

給湯器差異 循環方式  接続口 アダプター 沸き上がり

旧式給湯器 自然循環式 二穴  2in2    少し遅め

新式給湯器 強制循環式 一穴  2in1    早い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG_0859_2.jpg IMG_0860.jpg

2in2 の変換アダプターを使った給湯器

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください