電脳的社長ブログ1               > 電脳的仕様 > 【プランニング】工事内容をわかりやすく説明するには
電脳的仕様

【プランニング】工事内容をわかりやすく説明するには

お客様に、建物の仕様、間取り、工事の進め方をわかりやすく説明するのには

どういう方法が一番いいのだろうかということを考えています。

建築に携わる者同士ですと、平面図、立面図、仕様書などで意思疎通が図れますが

お客様にお見せするのには適当でありません。そこで三次元CADを使っています。

外観はわかりやすいのですが内観をお見せするのにレイヤごと一階、二階、ロフトの

間取りはおわかりになるかと思います。

しかし、関連した階のつながりがお客様にとってわかりにくいだろうなと私は考えていました。

三次元CADSketchUpの断面図を使って表現できない物かと、試してみました。

これですと、任意の部分の断面がわかりますし、お客様の説明にも使えますし

私どもの施工図にも使えます。

——————蛇足

iMac OSX10.5.8 SketchUpPro7.1.6 20インチの画面で使っていますが

ラージツールセットを表示させると測定ウインドウが見づらくなりますので

ショートカットキーを自分で記憶することが必要になります。

断面図は cmd + Y で操作します。標準でないショートカットキーは登録して使います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

danmenzu.png

SketchUpを使っての断面図表示

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月1日火曜日 06:37:17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.