電脳的社長ブログ1               > 其の他、その他 > 【建築確認】3階建て木造住宅と建築確認
其の他、その他

【建築確認】3階建て木造住宅と建築確認

先日、神奈川建築士会主宰による「木造3階建(法第6条1項2号建築物)住宅の

建築確認申請等の解説」という講習会に参加してきました。

一般のかた、普段建築に携わらないかたにはむずかしい「法第6条1項2号建築物」とは

建築基準法第6条の「建築物の建築等に関する申請及び確認」にある「木造3階建て以上、

又は延べ面積500以上、最高高さが13mもしくは軒高が9mを超える建築物」のことです。

ところで、木造の3階建て以上の建物を建築しようとする場合は

以下に一つでも当てはまる場合は建物の「構造計算」をすることが法律で定められています。

・階数が3以上のもの

・延べ面積が500を超えるもの

・高さが13mまたは軒の高さが9mを超えるもの

昨年の耐震偽装問題を契機に改正された建築基準法により「建築確認申請の厳格化」が促され、

建物も一定規模を超える場合は、構造計算適合性判定(以下ピアチェック)という

安全性の二重チェックをする機関も新たに増設されています。

ただ、周知のとおり今回の法改正による「確認申請の厳格化」は、「構造計算」を要しない

木造2階建ての建物を除いては工事着工が滞っていて、建設業会社の中には「経営破綻」にまで

陥る社会問題ともなってしまっています。

そういった中、やはり構造計算は避けて通れない木造3階建て住宅等を計画する際、

「安全」でなおかつ「確認申請」もスムーズに進められる計画は、

改正建築基準法によるピアチェックは要しない方法が一般的で、

現状での木造3階建ての住宅を計画する際は建築基準法の「仕様規定」を満たし

(耐力壁の量・つりあいの検討をする)

建物の安全性を確かめる「構造計算」の種類も「許容応力度計算」を選択することが望ましく

それにともなう構造計算の費用ですが木造三階建て(いわゆるモクサン)での構造計算の費用は

150平米程度で20-30万ほどかかります。

201201110838.jpg

構造計算資料

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年9月28日土曜日 13:39:19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.