木製サッシ交換 Archive

茅ヶ崎市「W」様邸

【リフォーム】木製サッシのすきま風、がたつき対策にはリフォーム用サッシを使います

木製サッシの老朽化でお困りの方がいらっしゃると思います。

困ることと言えば、風でのがたつき、すきま風、引き違いでの滑りなど。

その場合には木製サッシ、既存建具の内々に金属製サッシをはめ込みます。

木製建具を外した寸法で木製雨戸をいじらずサッシを入れることができます。

一般に木製雨戸レールを外すときは、外壁補修が必要になり、

外壁補修をすると、その分の費用がかさみますので割高になります。

この内付け補修用リフォームサッシを使いますと最小限の補修ですみます。

(ただし、内側に幅1センチメートルの木製パッキンが必要です。)

こちらの茅ヶ崎市「W」様もすきま風、開け閉めのしづらさで困っていましたので

交換させていただきました。

──────────工事上の注意

この内付けのサッシの場合、採寸時には注意が必要です。

現在では半外付けサッシが主流ですのでサッシの外に額縁がありません。

以前のサッシは木製サッシ → アルミサッシという流れがありましたので

形が木製サッシの納まりを踏襲して、壁の中に納まるようになっています。

そのため、サッシの周囲には額縁という木製のふちが外部にあって、

そこで外壁と縁を切るようになっています。

その額縁(がくぶち)をいじらないで工事をすればお安く済みますので

その寸法をサッシ屋さんへ指示する必要があります。

木製サッシの交換

赤い印の部分に金属製アルミサッシが入ります

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「A」様邸

【リフォーム】木製サッシの交換3

藤沢市「I」邸の木製サッシの交換ですが、断面はこのようになります。

詳細の資料はダウンロードデータ一覧からごらんください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サッシ断面図

新規サッシ断面図

既存柱、床を傷める事無くアルミサッシに交換が可能です。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「A」様邸

【リフォーム】木製サッシの交換2

藤沢市「I」邸の木製サッシをアルミサッシに交換の工事をお受けしました。

敷居にかまぼこ式のレールを釘打で取り付けてあり、そのレールを使ってスライドさせる式の

ものですので取外してからカバー工法でアルミサッシ枠敷居を取り付けます。

下記の手順で取り付けました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

既存サッシ取り外し

既存木製サッシ取り外し

水分を吸って大変きつくなっています。

ケレン

既存レールの跡部分のケレン

溝清掃

サッシ枠取付用の溝を作成

鴨居溝調整

サッシ枠鴨居取付用の調整

調整下地板加工

調整用下地板の加工

コーキング

サッシ取り付け、コーキング

完成

完成

後付け用のサッシですので気密製を高めてあります。その分開け閉めが若干きつくなりましたが

潤滑油をちょっとさすと軽くなりました。これでサッシ窓の開け閉めが楽になると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「A」様邸

【リフォーム】木製サッシの交換

藤沢市「A」様より木製サッシの事で相談を頂きました。

木製サッシが締まりが悪く交換したいとの事でした。

木製サッシは趣が有りますが、長年風雨にさらされますと、

堅木であっても、反り、ねじれ、膨張などによってくるいが出てきます。

新設の当時は開け閉めが軽いものが徐々に重くなって使いづらくなります。

状況は以下の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

木製サッシ1

現在の木製サッシの状態

柱のようす、木製サッシのくるい等を見ています。

木製サッシ2

木製サッシ全景

この木製サッシ四枚をアルミサッシに取り替えたいとの事でした。

寸法は木造在来工法の定尺(既製の巾)に納まりますが、

アルミサッシ枠を内側に新たに入れなければなりません。その細工が少しむずかしいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「A」様邸

【リフォーム】築四十年のリフォーム3

以前お見積もりしていた現場で施主様の了解をいただいて、注文をいただきました。

作業箇所は、トイレ兼用→洋風ウォシュレット。天井和風竿縁天井→石膏ボード下地、クロス。

既存厨房→システムキッチン。掃き出し、玄関木製サッシ→アルミサッシ。

浴室据置→広げて洗面スペースとタイル張りの浴槽。

と作業するところがたくさんありますので、順次すすめて行きたいと思います。

201201111743.jpg 201201111743.jpg 201201111743.jpg
 
201201111744.jpg 201201111744.jpg 201201111744.jpg

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓