相模原市「I」様邸 Archive

相模原市「I」様邸

入居入れ替えのついでに避難ハッチの交換をする

相模原の「I」様邸の共同住宅で避難ハッチの交換をしました。複数戸の入居者のかたが

いらっしゃいますが築年数も経ちましたので、お引っ越しの話がある都度順番に交換をしています。

以前の避難はしご、避難ハッチは内外とも鉄製ですので錆が発生しやすく、錆のためにフタが腐ったり

開けにくくなってしまったのでは本末転倒ですので。加えて排水の流れのチェックと厨房回りの

手元灯、網戸張り替え等のメンテナンス一式をして次のかたの入居に備えました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

改修前 改修前  2

施工前の現況

改修中

施行中

改修後 改修後  2

施工後

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

相模原市「I」様邸

【防災設備】マンション避難ハッチ改修2

相模原市の「I」様所有のマンションの避難ハッチを交換しました。

建設当時の避難ハッチは、鉄製で築年数が経ってきますと錆などで劣化が進みます。

費用もかかる事ですので、順次交換をしている途中です。

まとめ工事は割引がありますが、費用がかさみますから、私としては順次交換をお薦めします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

避難ハッチ改修前 避難ハッチ改修前

交換前上面──────────交換前下面

マンション避難ハッチ 避難ハッチ改修後

交換後上面──────────交換後下面

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                             ページ一番下へ↓

相模原市「I」様邸

【防災設備】マンション避難ハッチの交換

相模原市のマンションの避難ハッチの交換をしました。このような手順で交換をします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

避難はしご交換前

交換前

避難はしご遠景

交換後

こちらは複数有りましたので、位置は施工前と違う場所です。

避難はしご

避難ハッチ交換後近景

避難はしご落下テスト

避難ハッチ落下テスト

避難はしご周辺コーキング

避難ハッチ周囲コーキング

避難はしご下面

外気に面する部分が、鉄製からステンレス製になりますので

錆びにも強くなりますのでメンテナンスに手間がかからなくなると思います。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

相模原市「I」様邸

【メンテナンス】マンション受水槽加圧ポンプの交換の原因とは

相模原市「G」様から水が出なくなったので見てほしいと電話いただきました。

三階建てマンションで、一階は店舗で直接給水、二階三階は、加圧ポンプ給水になっています。

築年数が経った建物ですので、給水管が動脈硬化のように劣化しており

任意の位置の配管を切ってスコープで確認したところその症状が見えました。

また、受水槽加圧ポンプも経年劣化しで圧力が不足しているようですので交換しました。

いずれも定期的なメンテナンスをしていれば交換にいたるまでの時間が節約出来たかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ponpu1.png ponpu2.png

1──────────2 

  1. 給水ポンプ交換前
  2. 給水ポンプ交換後

——————後日談

今回の工事は、受水槽から出てすぐの加圧ポンプの周囲の配管を交換したわけですが

その後一ヶ月位して、また水が出ないとのお話が日曜日の朝に有りました。

ポンプが途中で止まってしまうという事だそうです。

急遽メーカーのメンテナンス担当者を現地にうかがわせたところ

今度は受水槽に給水する既存配管が動脈硬化のように細くなっていて

水の出が悪くなっていて、受水槽がカラになりその結果ポンプの空転防止スイッチが

入って給水が止まるというものでした。

至急のことですのでさらに翌日につまりの恐れが有る配管を取り替えました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

──────────受水槽、加圧ポンプをお使いの方には

加圧ポンプは機械なので古くなると壊れる可能性があります。

水道は生活に必要な設備ですので大事なものですから常に使います。

それが使えなくなればお住まいの方が大変困ります。

いつでも使えるようにメンテナンス契約をお勧めします。

こちらのマンションは当社が工事したものではなく管理者の方から

おはなしがあってこまごまとした修理のおつきあいがありましたので

私が状況を知っていましたから緊急な対応が出来たものです。

常日頃からメンテナンスを怠らなければこのようなことはないかと思います。

加えて受水槽の清掃を定期的にしていなかったそうですので定期清掃もお勧めしました。

定期点検を築20年もしていないので急に壊れる可能性をはらんでいた訳です。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

相模原市「I」様邸

【防災設備】相模原市マンション「避難ハッチ」の交換

相模原市のマンションで避難ハッチ(注1)が古くなり錆びたので交換したいとのお話がありました。

全部を交換するのではなく、カバー方式で、コンクリート床部の以外のその他を取り替えます。

後々蓋が錆びにくいようにステンレス製を採用しました。

この防災部設備、避難ハッチに限らずすこしずつ点検修理メンテナンスは必要と考えます。

この後にメンテナンスが足りない部分があって困ったことが発生します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
201201121553.jpg 201201121553.jpg
201201121553.jpg 201201121553.jpg
 

注1)避難ハッチ:マンションのベランダ等にある、火事の時の為の避難口。

階下に降りる為のはしごが格納されてある。

写真は左から右に、

交換前1・交換前2・取付後1・取付後2

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓