神奈川県 Archive

茅ヶ崎市「I4」様邸

【修理】外壁の修理のための点検で訪問2

茅ヶ崎市の「I4」様の外壁修理の模様です。

防水が完全でないところがありましたので、雨が差し込んで

長い間に腐りが進んでいったものと思います。点検しながら修理しました。

P3280024.jpg P3310002.jpg
1──────────2
 
P3310051.jpg P3310056.jpg
3──────────4
 
P3310062.jpg P4080018.jpg
5──────────6

 

  1. 雨戸敷居を外したところ。窓台も腐っていますので交換です。
  2. 窓台の交換
  3. 外壁下水切りの取付
  4. 下地板、防水紙取付
  5. 防水紙取付
  6. 額縁取付

この後、塗装をして終了です。定期的なメンテナンスをお勧めします。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

鎌倉市「A」様邸

【アフターサービス】給湯器導風板取付

給湯器の排気口が隣地側との距離が近いもので導風板をとりつけました。

正式名称は以下の通りになります。

隣地側へ距離が近い場合や、自己所有の塀との距離が近いと熱気で樹木を傷めたり、

塀が変色したりします。その為の対策としてとりつけます。

正式名称 アルコーブ側方排気アダプターROP-A305 138-R547

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

──────────後日談

この記事は2011/12にテーマの脆弱性に問題があり、サイトのデータを全消去し

再度復旧したものです。テキストデータは保存してあったもので復旧出来ました。

写真データは保存済のもので出来るだけ差し替えましたがこの写真は復旧出来ませんでした。

すみませんが、ご容赦願います。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Hint

鎌倉市「A」様邸

【現場チェック】店舗に後付けでサッシを取り付ける

鎌倉市の「A」様邸、以前店舗の工事させていただきました。

家具の搬入口としてシャッターを一階に取り付けさせていただきましたが

搬入口としてのみ使うので、シャッター内部のサッシは必要ないとの事でした。

しかし、シャッター下のほんの小さな隙間から風が吹き込んだり、ゴミが入ってくるので

サッシを取り付けてほしいとのご依頼を受けました。

サッシ屋さんと現地にお伺いして見積もりを提示します。


PA260047.jpg
1──────────2

 

  1. 家具搬入用シャッター
  2. シャッター下から入り込んだごみ

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

相模原市「I」様邸

【防災設備】相模原市マンション「避難ハッチ」の交換

相模原市のマンションで避難ハッチ(注1)が古くなり錆びたので交換したいとのお話がありました。

全部を交換するのではなく、カバー方式で、コンクリート床部の以外のその他を取り替えます。

後々蓋が錆びにくいようにステンレス製を採用しました。

この防災部設備、避難ハッチに限らずすこしずつ点検修理メンテナンスは必要と考えます。

この後にメンテナンスが足りない部分があって困ったことが発生します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
201201121553.jpg 201201121553.jpg
201201121553.jpg 201201121553.jpg
 

注1)避難ハッチ:マンションのベランダ等にある、火事の時の為の避難口。

階下に降りる為のはしごが格納されてある。

写真は左から右に、

交換前1・交換前2・取付後1・取付後2

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

鎌倉市「A」様邸

ラップサイディング仕様の外装完成では

鎌倉市「A」様邸外装サイディングが完成しました。

足場の防護ネットを外して外観が見えるようになった風景です。

いままで思い描いていたイメージが具体化したものを見ることが出来ました。

201201090640.jpg

鎌倉市「A」邸外装完成の様子 

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

鎌倉市「A」様邸

ラップサイディング施工中の感想では

鎌倉市「A」邸のラップサイディングが終了間際。

ほとんど完成に近いのでお盆開けにお引き渡しが可能と考えます。

このラップサイディングは色合いも地域の特性に合う色使いだとおもいます。

201201090635.jpg

ラップサイディング施行中の様子

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

鎌倉市「A」様邸

機転が利く大工と言うことでは

一階天井下地の写真です。一見しただけでは意味がわからないかもしれません。

シニアS大工が一階の天井下地を二段階にわけて組んであったのには感心しました。

なぜかというと、天井の高さには指定の寸法がありますが、

「出来るだけ天井高を高く取って欲しい」という施主の要望があったのです。

それだけを大工に伝えてあって、それを確認しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

室内を横切る梁せいの高い集成梁があるので天井高を2段階にとっても目立ちません。

ですので、水回り系を下げることが出来ます。

自分は水回りを部分的に下げるように指示するつもりでした。

厨房天井裏に水道配管を入れる必要があると理解して切りのいいところで天井を下げています。

さらに外しやすいように天井ボードをビス止めにしてあったのも機転が利いていて

関連の業者が(私も含め)助かる話です。図面に書いてあることと、

書いていないが、それを踏まえて判断するには経験も必要だが才覚も必要なものだと思います。

201201090416.jpg

鎌倉市「A」邸天井下地取付の様子

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓