茅ヶ崎市「O2」様邸 Archive

茅ヶ崎市「O2」様邸

【アフターサービス】施主支給のエアコン取り付け時の注意とは

茅ヶ崎市「O2」様のエアコンを取り付けました。いただいたものだそうですが、

こちらを御使用になりたいとの事でエアコンの取付依頼を受けました。

施主支給の中古エアコンの取り付けはなるべくお受けしないようにしています。

冷媒ガスには簡単に言って二種類あり、そのガスが真空引きされて充填してあるかという事、

また、取り付け後に試運転しますが、その際にちゃんと動かないかもしれない。

というときの責任の所在が明らかに出来ないからです。また専用コンセントの問題もあります。

それらの事をお話しさせていただいて、ご了解いただける方のみお受けしています。

新築の場合にも同じ事が言えます。

当方で新たにご用意する物ついてはその限りでありません。

メーカー、業者に対して責任を追及できますので保証が可能だからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG_0531.JPG

エアコン取り付け後

冷媒管を貫通させるスペースがありませんでしたので欄間パネルを使って通しました。

(鍵がかかるようになっています。)

最初からエアコンを取り付ける予定の場所でなかった為、専用コンセントが設置されていません。

容量が足りるか少し心配です。(専用コンセントの設置をお勧めしました。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG_0532.JPG

室外機の設置

冷媒管の長さが4メーターまでは基本料金で出来ます。

単価、諸経費消費税込みで¥22,000-

欄間パネルの貫通と鍵設置は同上¥7,000-です。

ガスは充填(真空引き)してありましたので費用はありませんでした。

玄関天井のクロスを張り替えたときに照明器具を一旦外しました。

その際に蛍光灯が切れてしまいました。

グローランプと蛍光灯30型を取り替えて元通りつくようになりましたが

照明を新しくご自分で交換したいとのお話でしたので

取付金具を見てみましたところ、照明器具に直接配線が差し込んであり

上記の通称引っ掛けシーリング金具がありませんでした。

WG1000P_441255.jpg image156.gif

正式名称

フルシリーズ角型引掛シーリング(ボディ) WG1000P

通称引っ掛けシーリング(シーリング金具)が築年数が古い為についておらず、

この下記のように取り付ける事が出来ません。

直接照明器具に配線が取り付いていますので電気工事の経験が無いと照明の交換が難しいわけです。

築年数が新しいと、いろいろの配慮がありますが

ある程度の年数がたった建物ですと具合が悪い部分があります。

[From パナソニック電工照明器具本体の取付方法 コネクト照明ショップ]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

茅ヶ崎市「O2」様邸

【雨漏れ修理】雨漏れ補修時の注意3

軒天の補修箇所の塗装をしました。既存色にあわせてあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PC010012.jpg

玄関上部分です。

部分的に張り替えるときには、

今までの軒天のベニヤと同じ厚さでしなければなりませんが

玄関上の部分は、縁が切れますので

不燃ケイカル板で仕上げました。

PB260004.jpg

軒天通常部分1

仕上げはベニヤです。

PB260022.jpg

軒天通常部分2

こちらも仕上げはベニヤです。

軒天の傷みが進んでいますので、本当は全部張り替えたいところですが

範囲が広い事もありますし、足場が無いと作業が出来ませんし、

次回、外壁塗装の段階に足場を掛けて作業するようになるでしょうから

そのときに一緒に軒天の張り替えをしたほうがいいでしょうと、お勧めしました。

応急処置として、いままで張ってあったベニヤと段差がつかないようにして塗装しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

茅ヶ崎市「O2」様邸

【現場調査】雨漏れの点検では

11/08 雨漏れの点検

——————雨漏れの点検

茅ヶ崎市の「O2」様から雨漏れの点検依頼がありました。

築20年程度、木造在来工法の住宅で中古物件を五年ほど前に購入されたそうです。

当時から、リフォームの保険(新築の瑕疵保険に相当する商品)があったかと思いますが

まだこなれていない時期だったかも知れません。

下屋部分の下、玄関天井に雨漏れがあり、天井のボードが一部グズグズになっています。

怪しい箇所は下屋上の赤い部分で防水下地の立ち上がりが足りないか、

または隅木の棟包みのあたりの防水です。

固定の釘が緩んでいるので下地の木材も多分相当傷んでいる事でしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

概略図2.png

簡単な外観図、パース

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓