鎌倉市「O」様邸 Archive

鎌倉市「O」様邸

【現場チェック】受付カウンターの下地を作る

鎌倉市「O」様の受付カウンターの下地を作りました。

上から順番に、天板、お客様用荷物置き、作業用カウンターとなっています。

アール状で作製します。

PB200019.jpg

受付カウンター下地

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

鎌倉市「O」様邸

【現場チェック】鎌倉市「O」様、大工工事完成

鎌倉市の「O」様邸、大工工事が完成しました。

お客様用の待ち合いコーナー部分は吹き抜けになっていて大変広く感じられます。

内側が曲面仕上げになっていますので、通称曲げベニヤの下地となっています。

石膏ボードでは出来ないカーブを作りました。

PB200016.jpg  

受付、吹き抜け部分、大工工事完成

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

鎌倉市「O」様邸

【現場チェック】鎌倉市「O」様 躯体工事では

鎌倉市「O」様の躯体工事を進めています。養生ネット飛散防止ネットでは台風時に風を受け、

はらみますので、上の方だけをはずすとか、巻き付けなどの対策が必要になります。

外部が仕上がってきますと次に内装工事を進めます。

こちらの現場は、特殊設備がありますので通常の住宅にはない苦労があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P1010509.jpg P1010491.jpg

1──────────2

P1010642.jpg P1010603.jpg

3──────────4

 
P1010714.jpg P1010847.jpg

5──────────6

 
P1010858.jpg
  1. 屋根構造図外観
    台風接近の為にネットを上の分だけ外してあります。
  2. 屋根の下地を二重にしてその間を通気します。
  3. ホールダウン金物と筋交いプレートで補強します。
  4. お客様用ヘルメットと紙帽子、スリッパを用意します。
  5. 壁天井に断熱材を入れます。
  6. こちらは壁75ミリ、天井が100ミリです。
  7. ダクト配管をします。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

鎌倉市「O」様邸

【現場チェック】壁通気工法の防虫対策防虫網とりつけでは

壁通気口法をする場合に壁に隙間が有るので虫が入ってくる可能性が有ります。

その対策に防虫網を取り付けます。

現物チェックと、写真取りのために一個だけ梱包をばらして構造用合板に当ててみました。

注文通りの品物のサイズです。

PA200009.jpg PA200010.jpg

1──────────2

  1. 防虫網梱包
  2. 壁に取り付けた状態

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

鎌倉市「O」様邸

【構造検査】アンカーボルトのチェックをする。

以下の記事は重複していますが、このままとします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鎌倉市の「O」邸の基礎工事の立ち上がり部分のコンクリートを打つので、

アンカーボルトのチェックをしました。点検は工事担当としては重要な部分です。

チェックして思うことは逃げ墨で計ることができるジグが有れば便利だということです。

150プラスマイナスをつけて455ごとに印が付けられるものがないだろうかと考えていますが。

そうすればアンカーボルトのチェックが簡単になります。今度鉄骨屋さんへ聞いてみます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PA030004.jpg

アンカーボルトチェックの様子

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

鎌倉市「O」様邸

【構造検査】鎌倉市「O」様邸新築工事

鎌倉市「O」様、新築工事を着工しました。動物病院併用住宅です。

二階部分は、大空間リビング、プライバシーを重視した広いバルコニー、ロフトが有ります。

P9090053.jpg P9260003.jpg

──────────

P1010411.jpg

左上から

 

  1. 基礎根伐り風景
  2. 基礎配筋風景
  3. 基礎完了風景

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

鎌倉市「O」様邸

【構造検査】上棟に向けてプレカット図のチェック

鎌倉市の「O」邸の上棟の日時がが迫ってきました。

柱位置、梁せい(梁の大きさ)をチェック、指示しなければなりません。

時間が迫っていることもありますし、工務店にとって大事な仕事です。


precut.png

プレカット図

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

鎌倉市「O」様邸

【構造検査】アンカーボルトのチェックで注意する点とは

鎌倉市の『O』邸の基礎工事の前検査としてアンカーボルトのチェックをしました。

立ち上がり部分のコンクリートを打ちに伴う部分で工事の重要な部分です。

後からの訂正はなかなかしづらい部分ですのでしっかりと点検しておかなければなりません。

個数がたくさんありますからチェックに時間がかかり、見落としが無いように注意します。

逃げ墨で計る事が出来るジグが有れば便利です。150±をつけて455ごとに印が付けられないか。

そうすればアンカーボルトのチェックが簡単になりますから、今度鉄骨屋さんと相談して

作ってみたいと考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アンカーチェック

配筋チェックの様子

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓