生活のヒントブログ             > 住宅メンテナンスの話 > 【住宅メンテナンスの話】ふすまの取っ手のところの汚れはてこすりをつける
住宅メンテナンスの話

【住宅メンテナンスの話】ふすまの取っ手のところの汚れはてこすりをつける

話が重複しますけど、旬の住宅には和室がほとんどありませんので

こういうこともあまりないかと思いますけど、ひらきの襖、

ふすまはたいてい和紙で作られていますので開け閉めをするときに手が触れる部分が

擦れたり汚れたり長い間にしてきます。

それですと大変見栄えが良くありませんので、建具屋さんに頼んで手擦り(てこすり)の部分だけ

色違いの色の濃いふすま紙で貼ってもらうようにお願いしたのですが、

手間が同じですので帯状に貼ったらいかがでしょう。 

と提案されましたのでそれでお願いすることにしました。

通称「てこすり」と言いますけど、このように手が触れる部分つまみの部分を

色の濃いふすまで貼ると見栄えもよく汚れが目立ちません。

築30年ですからその分汚れも増えましたけどこれですともうしばらくは使えそうです。

3階襖手擦り 手こすり

襖現状

自宅襖

襖手擦り帯状に貼る

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください