生活のヒントブログ             > 電脳的仕様 > 【全方位型カメラ シータ360】迷った末に注文
電脳的仕様

【全方位型カメラ シータ360】迷った末に注文

今までで困った事が多々ありましたのでAmazonで大分迷った末に注文しました。

リフォーム等でお客様に呼ばれて現地に伺うと困る事が多々あります。

そのうちで一番が内装の現況写真です。なぜリフォーム工事に現況写真が必要かと言いますと、

見積時には現況の確認で控え漏れをなくすため、工事後には工事前の状態を記録するためです。

あとでお客様から、ここにこれこれの設備があったはずだから、それは必要な設備で

片付けていいとは一定内ので元に戻してほしい。等というトラブルを防ぐために

見積もり前写真、工事前写真がぜひ必要なのです。

現在持っているデジタルカメラの画角では六畳の部屋でも離れられる距離に限りがありますから、

壁一面を一度には写真を撮る事ができません。ですので何枚か写真を撮って、合成しながら

見積もり拾い落としが無いかのチェックをするのですが、これが煩わしくてしょうがありません。

しまゆぐでプレゼンテーションしてもらったところによると、上下左右前後の六方向が

一度の撮影で記録出来るようです。解像度はどのくらいか気になりますが、鏡面が多くある部屋で

人の写り込みがあるところでもきれいにとれるのではと思います。(機械本体は映りますが)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

THETA 360 ストラップ用金具 ソフトケース

THETA 360──────────ストラップ用金具──────────ソフトケース

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください