生活のヒントブログ             > 2リフォーム > 神奈川県 > 横浜市リフォーム > 横浜市泉区「M」様邸 > 新築の現場の土台大引の固定に普通のナットではなくカットスクリューを使う訳とは
横浜市泉区「M」様邸

新築の現場の土台大引の固定に普通のナットではなくカットスクリューを使う訳とは

新築の現場では土台大引に防腐のものを使います。こちらの横浜市泉区「M」様邸も小規模とはいえ

一部既存材を使う移設新築ですのでアンカーボルトで締め付け固定します。

通常アンカーボルト+ワッシャ+ナットでは土台大引天端上面に突出するのが普通ですが

土台上の材を切り欠きで構造的にほんの少し弱くなったり、つまずいて怪我をしたりするかもしれない

という事がいやなので私はこちらの土台大引の固定にはットスクリューを使うようにしています。

通常のワッシャとナットにあたる下図のカットスクリューは下面に切り刃があり自発的に

大引を削って沈み込みます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インパクトレンチ

インパクトレンチでカットスクリューを締めているところ

カットスクリュー カットスクリュー

カットスクリュー上面──────────カットスクリュー下面

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください