電脳的社長ブログ1               > 2リフォーム > 神奈川県 > 鎌倉市 > 鎌倉市「Y」様邸 > 【リフォーム】トイレは電子部品、機械部品のかたまりだったことを知る時
鎌倉市「Y」様邸

【リフォーム】トイレは電子部品、機械部品のかたまりだったことを知る時

節水型便器、先進型便器ではECO6からECO5と使用水量が節減されています。

遥か昔では20リッター以上の流水でないと公共下水道に接続出来なかったこともあったことを

考えると隔世の感があります。その少ない流水量でトイレが稼働するための仕組みが下図です。

この写真では電子部品が見えませんが、機械部が見えます。この複雑な仕組がECO5を支えています。

サティスですので本当はウォシュレットではありませんが、語感がいいのでこちらを使います。

INAX、Lixilではシャワートイレと言っているようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG 1938 IMG 1937 IMG 1936

便器本体──────────ウォシュレット部──────────取り付け後

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年12月19日木曜日 04:49:56

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.