東京都町田市「O」様邸

【デザイン】工務店らしい納まり2

工務店らしいかな。と思う納まりを示しました。

ハウスメーカーと設計事務所と町場の工務店では違う納まりになります。

これから住宅を建てようとなさる方はご自分がどんな納まりを

求めているかをお考えになるべきだと思います。

工務店らしい納まり

階段丸棒手摺(φ35)

握りやすい径35ミリの手すりを自在継手で接続しました。

通常では階段段板色にあわせて木の肌が見える材を使いますが

施主様のお好みで白になりました。

シューズクロゼット

シューズクロゼット

たけの長い靴、短い靴を多く収納する事が出来ます。

設計事務所様が考えられるプランには玄関付近に大容量の

シューズクロゼットを置くケースが多いように思います。

玄関付近の収納で苦労される方が多くいらっしゃいますので

当社でもなるべく収納には気をつけていますが

なかなか大容量のシューズクロゼットを確保しての設計は出来ません。

以前は可動棚にはダボを使う事が多かったのですが

ダボ → ビス式のダボ → ダボレールと作業製によって変化してきました。

現在当社では棚柱(通称ダボレール)が主流となっています。

目隠し格子

3

格子、目隠し(塗装前、杉ムク製)

玄関からこの角度では全景が見えずイメージしにくいと思います。下記のパースをごらんください。

一階平面図

一階平面図(平面図 → SketchUp)

玄関部分の平面図。背景色が白ですと分かりにくいので緑にしました。

一階平面図

一階平面図を図示する部分(SketchUpでの半透明着色50%)

パース部分を着色して示しました。

玄関格子のパース

SketchUpでのパース

ちょっと俯瞰、基準点から4580

壁レイヤを非表示にして断面図(コマンド+Y)にするとこのように見えます。

着色は任意ですが、自分としてはおもむきのある格子、目隠しかと思います。

玄関部分のよいアクセントになると考えています。

町田市「O」様邸は、玄関からは二方向に入るようになっています。

玄関 → 居室

→ シューズクロゼット

玄関から二方向に入って行く事が出来るというのは作業動線が

生活に適しているものと考えます。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月3日木曜日 10:12:17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.