社長の考え

フロア表面材で懸念材料とは

フロアの突上げ現象が顕著でしたので床フロアを張り替える事にしました。

新規に張るフロアのカットサンプルを取り寄せてみて見ると

自分では気がつきませんでしたが、大工職からの指摘で分かった事が有りました。

床フロアの基材は積層板(ベニヤ)ですが表面材(スライス板ムク材)の直下に

MDF材もしくはインシュレーション材があるのです。ちょっと見ただけでは分かりません。

また、さねの断面が一様ではなく、先端部が細い形状になっています。

ですので、盛り上がり現象、突上げ現象がより増幅される事になるのではないかと推測します。

工務店のスタンスとしてはサネの形が良くないかたちになっていると思います。

さらに大工談では、さねがかたいそうです。これもよく有りません。

こちらの製品はユーザー(工務店)にたいして配慮が足りないと感じます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フロア

表面材直下の材の色が違います

フロア

サネ断面図写真の形状

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください