日々つれづれな話

【普段の心がけ】側溝の掃除では

自宅目の前の側道側溝では、大雨、台風の時に側溝の排水溝にゴミ(大体は街路樹の葉)が

つまって、道路に水があふれ出します。

そのときあわてて葉っぱをかき出しに行くのですが、側溝の排水溝の位置がわからず、

右往左往することがありますので、そのちかくの位置にちょっと短めの杭(地縄用の短杭)を

打って、もちろん増水後の水面に出るほどの高さで視界が悪い中すぐに見つからないと

意味ありませんから、マーキングスプレー(これも地縄用のスプレーで普通のものとちょっと違う)で

頭を塗っておきます。

すると、ざざ降りの中でも側溝の位置がすぐにわかるというわけです。

と思っていたところ、先週の台風の折に道路が冠水してしまいました。

車は、水しぶきを上げて通っていきます。

土砂降りの雨の中、水はけを良くしようと側溝の近くまで行って、

兼ねてから用意した目印の近くの側溝排水溝のゴミを浚うと、一気に溜まった水がはけ、

冠水が解消しました。

ふだんの用意が役に立ったわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Eco

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2017年1月24日火曜日 15:56:21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.