生活のヒントブログ             > 日々つれづれな話 > 門扉部品一部だけを取り替えるには部品をしっかり調べる必要があります
日々つれづれな話

門扉部品一部だけを取り替えるには部品をしっかり調べる必要があります

東京都のかたから門扉部品の事で問い合わせがありました。以前藤沢市のかたの門扉の部品だけを

取り寄せて代引きでお送りしたことがあったので、その記事を参照にして問い合わせてこられたと

思います。少しお時間をいただき取引先に探してもらいました。こちらの部品は、

既に廃番になっていましたが、メーカーに在庫がありましたので注文可能との回答がありました。

いずれの工務店さんも、通称外構屋さん(エクステリア)とおつきあいはありますので、

メーカーに在庫があれば備品取り寄せが可能なはずですが、これがなかなか出来ません。

なぜなら、職方さん、外構屋さんは材工という材料と作業費(サービス)をセットで売るという

ことで商売が成り立っていますので、そのかたに材料だけ売って欲しい。ということは、

そのかたの商売が成り立たない。ということを意味しますから頼みにくい。ということになります。

ですので通常はこのようなやり方をしません。しかし、私の場合は問屋さん(メーカー直接ではない)

とのおつきあいがありましたのでこのような注文方法が出来ました。

特に技術を要するものは一般のかた、素人の方には難しいことでしょうが、

周囲を壊してしまう恐れの無い、このようなものはなるべく自分で出来る事はご自分で。

という自助努力スタイルでのメンテナンス手入れをされたほうが、ご自宅に愛着があって

私としては好ましい方向だと思います。

ひとつ注意点があります。注文する場合に古い部品を探して在庫があるかどうかを調べる時、

品番を確定するのが大変骨が折れる作業です。お客様が探されて私に問い合わせてこられる

このような場合は作業が雑作もありませんが、写真だけ、写真も撮れないとなると、

その分の手間(人件費)が加算されますので費用が余分にかかる事になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スペースマンテン補修部品 キャスター部 1

三協立山アルミ カーテンゲート スペースマンテン(VMH-1 37S)用補修部品

部品番号:A-P1-2875 部品名:キャスター

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください