電脳的社長ブログ1               > 日々つれづれな話 > 安かろう悪かろうを引き起こす「ブルーミング現象」
日々つれづれな話

安かろう悪かろうを引き起こす「ブルーミング現象」

とあるWebの記事を読んでいて気になることがありました。「ブルーミング現象」という言葉です。

思い当たることがあったのです。最前大雪の時に防寒靴で雪かきをしていたのですが、

突然「パッカリ」と靴底のゴムが剥がれてしまいました。そこがない靴は使えませんので、

建設用接着剤で接着しようとしたのですが使途が違うせいか良くくっつきませんでした。

やむをえず廃棄処分になりましたが、どうして突然靴底が剥がれてしまったのだろうと

疑問に思っていたところにこの記事を見ました。

正式なところに行く時に履いて行く靴はともかく、普段使いの靴は安いもので良いという考えですので

いきおい韓国製か中国製になります。そういえば日本製で靴底が剥がれてしまうという事を

聞いたことがありません。接着剤に入れる添加物の管理が杜撰だったのでこうなったのでしょう。

信頼は一朝一夕では出来ないのはムベなるかな。と思います。

ブルーミング現象

靴底のゴムを製造する際に混ぜた添加物が表面に染み出す現象で、靴底と接着剤の間に

添加物が染み出た結果、接着剤の層が浮いてしまうのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2014年3月29日土曜日 11:21:52

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.