日々つれづれな話

エースのジョーの日記が生きた事とは

エースのジョーこと宍戸錠氏は一世を風靡した映画俳優です。私の年代よりひとまわり上の

方は良くご存知かと思います。その方の興味あるエピソードをとある週刊誌で見ることがありました。

エースと称されたのはマカロニウエスタンならぬ日本風の西部劇の映画で有名だったからです。

その彼が関係した映画史(日活)の栄枯盛衰を最前上梓されたそうです。人の記憶とは曖昧で、

忘れやすくすべてにおいて再現する事は叶いません。映画俳優の方は演技に集中されますから、

雑事にはこだわらない方がおおいので、小説ならぬ映画史でも時系列で辻褄が合わなくなれば、

本にならないのではと思いました。それを可能にしたのは彼が日々付けている日記だったそうです。

豪放磊落に見える方が日々日記を付けるとは意外に繊細な面が有ったのかと思います。

その資料があって彼を中心にした日活の映画史を書く事が出来たのでしょう。

継続は力なりです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2014年2月28日金曜日 11:35:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.