断熱 冷暖房

【太陽光発電】社会的貢献と利回りでは

太陽光発電は、以前¥51円/kWの売電価格でしたが、いまでは38円前後になっています。

スタート時は誘い水効果もありましたのでどの国も国際的にも高い価格を設定していました。

そのため多数の業者の方たちが入り乱れて参入し、ちょっとしたバブルになりました。

その点でドイツなどは補助費用の増額で財政的に苦しんでいると新聞ネットなどで聞きます。

負担軽減を抑えるようになって、乱立した欧米や中国参入製作メーカーが、売電単価の下落に

伴う機器の単価下落に耐えきれなくなり、立ち行かなくなっていった事はご存知の通りです。

色々混乱はありましたが、良くも悪くもその結果として機器のコストダウンとして収斂しました。

現時点での太陽熱発電の機器の費用と工事費、補助金の大まかな費用のまとめは下記の通りです。

事業として利回りを考えるなら10kW超の発電でしょうが、家庭用でも充分に投資金額に

現時点でも見合うと思います。これからは徐々に売電単価が下がっていくと思いますが、

クリーンエネルギーとしても社会的にも貢献が出来るのではないかと考えます。

次回は利回りの事を書きたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家庭用と事業用の比較概算


平塚市M邸 茅ヶ崎市K邸
発電容量kW 4.08 10.64
向き 南面 東西面
パネル/枚 SHARP170W ソーラーフロンティア95W
枚数 24枚 112枚
総額 1,880,000 4,482,450
太陽光発電機器費用 1,462,780 3,936,800
工事費等 335,500 332,200
補助金総額 142,800 0
kw単価 460,784 421,283
売電単価2013/03申し込み時まで¥38円/kW(10kW超は37.8円/kW)
ローン費用は見ていません

補助金の有る無しの違い。買い取り期間が違います。


発電容量 補助 買い取り期間
一般 10kW以下 あり 10年
事業用 10kW以上 なし 20年

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年11月12日火曜日 10:56:59

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.