電脳的社長ブログ1               > 日々つれづれな話 > 円形の柱には定着の良い樹脂モルタルを使ってみる
日々つれづれな話

円形の柱には定着の良い樹脂モルタルを使ってみる

外壁の円柱部分にぶつかってモルタルが剥離したと言う事で修理の依頼を受けました。

左官モルタル下地 + 塗装と言う事で考えて、左官屋さんに行ってもらいましたが、

肉薄すぎて、モルタルではむずかしいと言う事で、左官屋さんから依頼を戻されたので、

再度現地を確認すると、確かに塗り厚が5ミリ以下でA4用紙二枚ほどに広さになっています。

木製丸柱を外部に使っていますので、確かにモルタル塗りだけでは定着が悪いわけです。

壁にモルタルを塗る場合にはヒシラスなど、定着が良くなるように工夫します。

しかし、木製円柱の平滑な木肌には適しません。そこで塗装工事のパテ埋め + 塗装としました。

食いつき(俗語 定着の事)が良いパテが有るかどうかを相談した際、樹脂モルタルを提示され、

自分は普段使わない材料ですので、興味がありましたので、後日資料を貰うように依頼しました。

確かに5ミリ厚以下の壁部分にはモルタルだけでは無理が有ります。こちらが適当でしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

樹脂モルタル

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月23日水曜日 14:01:34

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.