電脳的社長ブログ1               > 2リフォーム > 神奈川県 > 藤沢市 > 藤沢市「H2」様邸 > 【リフォーム】道路境界アルミフェンスの交換では一度もお会いしないで工事終了
藤沢市「H2」様邸

【リフォーム】道路境界アルミフェンスの交換では一度もお会いしないで工事終了

藤沢市の「H2」様から腐食がひどいからと、フェンスの交換見積もり依頼をいただきました。

確かに鉄製のフェンスが腐食して、一部が脱落して無くなっています。片付けたのでしょう。

錆がひどくないように見えるところでも、年数が経っていますから、外れる可能性があります。

安全対策のためもあって、交換する頃合いになったのではないかと思います。下記写真の印部。

見てみると樹木がフェンスを巻き込んでいる部分があり、そのままでは工事出来ませんので、

部分的に樹木枝を切らせていただきました。樹木が伸びる年数の分だけ経過したわけです。

既存部分の鉄製フェンスを足元から切って外し、ブロックにコア抜きをしてから柱の脚を立て、

それに色違いのアルミフェンス新設フェンス TOEX ハイサモア H=800 を取り付けました。

以前の黒色と違う色を選択されたのは、フェンスを取り替えた事を明示するためだと思います。

こちらの工事では特徴的なことがありました。最初から最後までお会いしていないのです。

工事では、見積もり依頼 → 契約 発注書署名 → 工事 → お支払いの順で進みますが、

電話とEメール、郵送で、お支払いは振り込みでしたのでお会いすることはありませんでした。

お忙しいかたでしたので折悪しく、立ち会いの時間が取れなかったことも原因でありました。

行き違いが有ると困りますから、自分としては見積書と仕様書カタログ プレゼンボードを

添付して、なるべく勘違いと意思の疎通に間違いないかを確認しながら進めたつもりです。

その結果、終了確認でも、ご了解いただき、代金のお振込をいただくことが出来たわけです。

その終了確認のときにもお会いすることはありませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フェンス交換 フェンス交換2 フェンス交換3
フェンス交換4 フェンス交換5 フェンス交換6フェンス交換7  フェンス交換8

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月7日月曜日 08:46:26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.