電脳的社長ブログ1               > お客様のひと言 > お客様のひと言44 予算は○○万円です の意図は
お客様のひと言

お客様のひと言44 予算は○○万円です の意図は

いろいろなお客様のご訪問を受けることがあります。そのときに思う事です。

私がいつも、お客様にお聞きする三つの言葉があります。

  1. なぜうちに?
  2. ご予算は?
  3. 相見積ですか?

これはビジネスライクなお話で、このままストレートにお話をすることはありません。

いろいろ周囲のことをお聞きしながら尋ねて行く事になります。

当社においでいただいたからにはそれなりの理由があるはずですから、それをお聞きして、

おいでいただいた方の希望に沿うように努力して対応をしたいと考えているからです。

また、夢をお持ちの方ではそれが実現可能の範囲にあるかどうかでご予算をお聞きします。

ご協力出来る範囲ではなるべく実現に向けて、擦り合わせをさせていただきますが、

それが全く実現不可能なものであっては、土台無理なお話しになりますのでぜひ必要なことです。

それがクリアされたあと、どのくらいの相見積業者さんがいらっしゃるかをお聞きします。

それが、つばなれされていなければいいのですが、そうではないとお客様の誠意を疑問視します。

お見積もりには図面の読み込みから始まって関連する多数の業者の積算の協力が必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その契約にいたるまでの確率が少なければ少ないほど、その努力が無駄になるわけです。

それが巡り巡ってお客様からの見積もりを依頼した工務店側の信頼度に跳ね返り、

次回からだんだん信用を失う事になって来ます。

明文化されたものではありませんが、見えない常識をお持ちになっていただきたいと思います。

ところが、いろいろお話を伺っている時に、「予算は○○ですのでこの範囲で。」

「仕様はこの程度のものでお願いします。」とはっきりおっしゃる方がまれにいらっしゃいます。

このかたは、予算と建物の完成形のイメージをお持ちのかたです。

そのためにぜひ協力を真摯に考えてさせていただく事になります。

建築は物販でないと私は考えています。単に品物を売るわけでなく、個別の施主様向けに

カスタマイズされた一品もので、かつ、地場工務店としてのエッセンスを加えて、

更には完成したあとの点検修理の作業が一体供給するとサービスと私は考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月7日月曜日 08:42:20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.