社長の考え

トラブルを回避するためのくふうとは

どんなに気をつけていても工事上のトラブルが出てしまうことがあります。

打合せでの勘違いや請負金額でのプラスマイナスがあります。

それらを防ぐために口頭での打合せはなるべくしないようして、

口頭での打合せでもメモを残し、後刻Eメールで覚え書きを送るようにしています。

現場の進行途中にそれらを見返しして確認し、間違いがある場合は訂正します。

リフォーム工事の途中で何度か工事金額の増減(プラスマイナス)がありましたので

混乱して間違って違う金額を請求してしまったことがあり、施主様から指摘されました。

そのときにはやり取りのEメールと添付ファイルががありましたから

すぐに間違いがわかりました。

それから、増減の計算には表計算ソフトを使わずデータベースソフトを使うことにしています。

あるかたから、「パソコンが使えない場合はどうするのか。」と聞かれたことがあります。

少ない人数で工事、工事管理をやっていますから、出来る事には限りがあります。

私がサービスを提供出来るかたとだけおつきあいをしたいと考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

ロゴ

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月7日月曜日 07:01:06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.