電脳的社長ブログ1               > 2リフォーム > 神奈川県 > 藤沢市 > 藤沢市「W2」様邸 > 【リフォーム】工事を考えて新築時に考えておく事とは
藤沢市「W2」様邸

【リフォーム】工事を考えて新築時に考えておく事とは

藤沢市の「W2」様から外壁塗り替えのリフォーム工事をいただきました。

加えて、玄関ドア交換、バルコニーの庇の工事もあります。

こちらの玄関ドアは一見なんでも無いように見えて、実は大きな不具合があります。

建築されてから20年以上になりましたか、当時は基礎の補強と言う考えが

一般的ではなく、地盤補強をしていませんでした。

ですので、長年の間に地盤沈下がゆっくりと進んできたわけです。

その結果、あちこちの建具に不具合がでて、開き戸が閉まりづらくなってしまいました。

地盤沈下は平均的に沈めばいいのですが現実には、そのようにはなりません。

一般に不同沈下と言って、沈下が一様でなく進んでしまいますので建て付けが悪くなります。

その一番顕著な部分が玄関ドアだったわけです。

前後左右にねじれていますから玄関ドアが大変閉まりづらい状況にあります。

ドアの丁番を調整して直せる範囲を超えていますから、毎日の施錠が大変です。

それを調整するのには一旦ドアの枠を取り外して、建ちを直して取り付けし直す必要がありますから

取り外すなら、新しいものに交換してしまおう。ということになりました。

これから先は建築に携わるものの意見です。

建物に入隅出隅と言う角の部分があります。この部分、特に入隅部に取り付ける

サッシ、玄関ドアは入隅用を使っておかないと後々リフォーム工事に困ることがありますが、

中にはそれを考えないで工事をされるかたがいます。

入隅部分は働き(作業出来るスペース)が少なくなりますからその分、材を柱分

小さくしておかないと、後日うんと作業がしづらくなり工数増で費用がかかると言うわけです。

また、防水対策上もよろしくありません。

この点は一般のかたはわかりません。工事する側が配慮すべきことと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

ロゴ

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月7日月曜日 06:56:47

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.