電脳的社長ブログ1               > 其の他、その他 > 社長の考え > 隣宅との将来的トラブルの可能性、合法的占有とは
社長の考え

隣宅との将来的トラブルの可能性、合法的占有とは

新築工事、リフォーム工事をする際には、近隣との関係を良好に保ちたいものです。

なるべく車の出入りを邪魔しないようにとか、

近隣にゴミなどが飛散しないようにとかいろいろに気を配ることがあります。

これは、当方に落ち度がある可能性の話です。

しかし、工事をさせていただいた施主様と近隣のかたとの間で

将来的に起こるかもしれない可能性をはらんだ問題もあります。

──────────以前こう言うことがありました。

経緯がよくわかりませんが、二件の連続した住宅がありました。

建築確認の関係でそのような仕様にせざるを得なかったのかもしれません。

その連続した住宅を二分割にして片方が販売され、

その販売先の不動産屋さんから買ったかたが施主様でリフォーム工事をお受けしました。

リフォーム工事自体は支障無く終了してお引渡をしたのですが、

よくよく見ると、隣地の住宅がこちらの施主様宅に柱半分だけ越境しています。

二分割時に、既存使用分の隣地建物の押入を壊すのがしのびなくそのまま残したと思われます。

施主様に隣地建物が越境している旨お話しして、取り壊してもらうようにアドバイスしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なぜなら、そのまま黙っていると、占有を認めたことになり、それがある程度の期間がたてば

隣宅に合法的占有が認められてしまうのではないかと思ったからです。

そうなっては遅いですから、すぐ販売先の不動産屋さんにお話しするようアドバイスをしました。

しかし、すぐ隣のうちとトラブルを起こす事を恐れた施主様は

将来的にリフォーム時に越境部分を取り壊すと言う念書で済ませた。と聞きました。

住宅のリフォームのサイクルは長いですし、リフォームをしない可能性もあります。

ずっと、越境していることもあるわけです。

一筆を貰ったからと言って、善意の第三者に有効かはわかりません。

千載一遇のチャンスを失ってしまったのかと思います。

次善の策としては時効の中断かもしれません。

これを解決するには民法に詳しいかたに聞く必要があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

ロゴ

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月5日土曜日 15:44:25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.