電脳的社長ブログ1               > 2リフォーム > 神奈川県 > 大磯町 > 大磯町「M」様邸 > 【リフォーム】リフォーム工事のむずかしいところはこのような部分です
大磯町「M」様邸

【リフォーム】リフォーム工事のむずかしいところはこのような部分です

大磯町「M」様邸のリフォームの仕事を依頼をお請けしました。

一階のサッシ交換、フロア張り、二階の雨戸レールの摩耗による雨戸の建て付けが

悪くなった部分の修理です。

築三十年から四十年の中古物件を購入されたそうですが、経年劣化で方々が傷んでいます。

その典型的な部分が、一階の掃き出し部分のサッシです。

間口二間(3640ミリ)有る部分の鴨居(サッシ上の部分)が垂れています。

劣化と雨漏れで構造材が弱っているのではないかと思います。

補強を考えながら工事をしなければなりません。

リフォーム、修理の難しいところではある程度ばらして(解体)してみないと

全体の劣化の様子が分からない。というところです。

当初の予定と大幅にずれた施工範囲になる場合がありますので、

施主様と相談しながらリフォーム工事を進めて行かなければならないとおもいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                             ページ一番下へ↓

Kajiwarakoumuten logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月5日土曜日 14:15:35

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.