電脳的社長ブログ1               > 日々つれづれな話 > 暮らしの通信 2013夏バージョンをお送りします
日々つれづれな話

暮らしの通信 2013夏バージョンをお送りします

立夏になりましたので、お仕事を頂戴したかた、おつきあいのあるかたに、

「暮らしの通信2013夏号」をお送りします。テキストの内容は下記の通りです。

寝苦しい熱帯夜もこれでぐっすり

夏も快眠!簡単アイデア

蒸し暑い日が続くと、よく眠れなくなるという人は多いはずです。

そこで、ぐっすり眠るための工夫の数々をご紹介します。

暑い夏を乗り切るためには質の良い眠りをとって、その日のうちに疲れをとりたいも

の。寝苦しい夜もエアコンに頼らずに、快適に眠りにつく方法を試してみませんか。

首筋、脇などを冷やす

太い血管が通っているところを冷やすと、冷えた血液が全身に回り、冷房がなくて

も涼しく眠れます。寝苦しいと感じたら保冷剤をタオルでくるみ、首筋や脇の下、

足の付け根などにあててみてください。ひんやり気持ちよくなって、寝苦しさも解

消するはずです。保冷剤は凍らせても固くならないものがおすすめです。体を冷や

しすぎないようタオルで調節しましょう。触れるとひんやり感じるシーツやタオル

ケット、枕などの市販品も、蒸し暑い夜にうれしい寝具です。体をしめつけないパ

ジャマに着替えることも大切です。

一番涼しい場所を寝室に

住まいは2階よりも1階、南側よりも北側のほうが涼しいものです。今、寝室とし

て使っている部屋は家じゅうで一番涼しい場所ですか? 今一度チェックして、夏に

ぴったりな部屋を寝室として使いましょう。部屋に昼間の熱がこもらないように

工夫することも大切。なるべく風通しをよくし、日中も直射日光を遮断しておく

と効果的です。

就寝前はリラックス

寝室の照明はほの暗いと感じる程度に落とし、心が落ち着く音楽を流すなど、心身

ともにリラックスできる環境を整えましょう。アロマオイルやお香を焚いたり、布団の

上でできる軽いストレッチも効果的。自分なりのリラックス法を見つけてください。

いろいろ試して、それでも眠れないときは一度布団から出て、自然に眠くなるまでリ

ラックスして過ごしましょう。

●快適な眠りを導く寝室の条件

カーテン

厚手のカーテンでしっかり遮光。窓の外にす

だれなどを掛けて日よけにするのも効果的。

照明

部屋全体を照らす照明は消し、調光タイプのス

タンドやフットライトでほの暗い明るさに。

ミュージック

ヒーリングミュージックなど心地よい音楽で心

身ともにリラックス。自然な眠りにつけます。

枕・シーツ

保冷枕や触るとひんやりするシーツでクールダ

ウン。冷房に頼らなくても涼しく快適に。

パジャマ

体を締め付けない、ゆったりしたデザインがグッ

ド。肌触り、通気性のよい生地のものを。

暮らしメモ

枕の高さ、自分に合っていますか?

枕が合っていないと、肩こりや全身のだるさなどの原因になるので要注意。ぐっ

すり眠るためには枕の高さがポイントです。頭から背中にかけての頸椎のS字

カーブが自然に保て、鼻、のど、おへそが一直線になるのが理想的な高さ。体格が

細身の人は2.5〜3㎝、標準の人は3〜4㎝、体格の良い人は4〜5㎝が理想

的な枕の高さの目安です。今使っている枕が低いと感じるときは枕

の上にタオルなどをのせて厚みを出し、高さ調節をします。枕が高すぎるとき

は肩の下にタオルなどを入れて調節しましょう。

夏の枕は通気性に優れたものがベスト

枕の中身の素材も寝心地を左右します。夏は熱のこもらない通気性に優れ

た枕が快適です。昔ながらのそば殻の枕は通気性に優れていて湿気などもこ

もらないのでぴったり。パイプは、ストローを短くカットしたような形のプラス

チック素材で、こちらも通気性が抜群。羽毛は通気性、吸湿性に優れ、ふんわり

柔らかいのが特長です。枕選びをする時はなるべく自分で手に

とって、感触や固さ、音などにもこだわりましょう。

きっとぴったりの枕が見つかります。

2013夏 ページ 1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月5日土曜日 14:00:38

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.