電脳的社長ブログ1               > 日々つれづれな話 > ビジネスモデルの変遷 駅前型 郊外型大型家電販売店の不振
日々つれづれな話

ビジネスモデルの変遷 駅前型 郊外型大型家電販売店の不振

某大手家電販売店の販売不振のニュースを最近良く見かけます。

忙しいビジネスマンや主婦の方に、混雑している駅前や郊外へ出かけて行って時間がかかる

ショッピングが敬遠されての事だろうと思います。

ご主人は仕事に追われていますから、休日はのんびりしたいでしょうし、

小さいお子さんは目が離せませんからお子さんたちのお世話で、奥様は時間が大変でしょう。

すると、休日には近くへ散歩かレジャーとなります。

そのゆっくりとした時間を家電の買い物には使いたくないと思われるのではないでしょうか。

実際に見て決めなければならないものは別にして、家電(テレビ、冷蔵庫、パソコン)で

決まりきったものは見なくともだいたい同じですので、ネットで注文できます。

有名なのはAmazonとか楽天ですね。自分も良くAmazonを利用します。

考えてみれば、自分もUSBメモリーやキーボードカバーを買うのに

駅前の家電販売店へ行くことはありません。時間がかかりますし、面倒だと感じます。

値段を比べてみると、互換品ではメーカー純正品と比べて1/10の値段の時もありました。

ある程度形が想像できますから、Amazonで検索して、値段と使い勝手を考えて注文します。

また、壊れて同じものが欲しい時は購入履歴を調べて同じものを注文します。

例えばインクカートリッジ。これなどは同じ品番のものを買う必要がありますから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分が過去にどんなものを買ったのか調べる時でも、サイトに情報が蓄積されているので便利です。

このネットで注文する方法は仕事でも利用しています。

たとえば小さいビス類でも、特殊な形をしたものは町場の金物屋さんでは販売していません。

そこでネット系の金物屋さんのサイトで検索して注文します。

商売柄ある程度の金額にまとめると(¥3,000円程度)送料がサービスで無料になります。

こちらも購入履歴が残りますから、繰り返し使う金物やビス釘類での注文は大変重宝しています。

これが町場の金物屋さんですとこうは行きません。

店頭でご主人と「○○が欲しいんだけど、ある?」「どんなの?」とかのやり取りが必要です。

Web上で購入履歴の検索ですぐにわかりますし、わからない場合でも、キーワードで調べられます。

便利な手順を持っている事は、大変大きなアドバンテージです。

また、購入後も便利な点があります。原価計算です。

(正確な)品名と、数量、値段がデジタルデータで保存されていますから、それをExcelなどの

表計算ソフトに簡単に取り込むことができます。紙ベースの請求書になっていると面倒です。

家電の購入でも、住宅建築の金物の購入でも以前と違うビジネスモデルが出来つつあります。

世の中の変遷と合わせて、町場の工務店も変わらなければなりません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                             ページ一番下へ↓

Kajiwarakoumuten logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月5日土曜日 12:00:28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.