電脳的社長ブログ1               > 日々つれづれな話 > 本職の塗装屋さんが床に使う養生ビニールが青いわけとは
日々つれづれな話

本職の塗装屋さんが床に使う養生ビニールが青いわけとは

ペンキ屋さんに頼むほどでない部分に、ペンキを塗ったりする場合には

他の部分にペンキが散らないように養生ビニールを使います。

自分が使うのは、透明のものでおおよそ巾1000ミリでガムテープ状に折り畳まれており、

使う時は、ペンキを塗るところと塗らないところの境界線に細いガムテープを張り付け、

それにつながっている折り畳まれた透明のビニールを伸ばして、はじをマスキングテープで止めます。

ところが、ペンキ屋さんが使う養生ビニールは青いのです。

マンションの玄関の塗り替えなどの時にちらっと拝見する現場でも、

自分がお願いしているペンキ屋さんが使う養生ビニールはいずれも青い色のものを使っています。

どうしてかなと、ずっと疑問でした。通常売っている養生ビニールは透明なはずなのに。

近所のプロショップに寄ったおりになにげなく養生類のコーナーを除いてみると、

透明の養生ビニールと、青いものがありました。

違いを見ると青いほうには、「ノンスリップ」と注意書きが有ります。

なるほど、お住まいになっているかたがすべって怪我をしないようにノンスリップのものを

床に使っていて、それが差別化のために青くなっていた。ということがわかりました。

商売といえども知りませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                             ページ一番下へ↓

Kajiwarakoumuten logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月5日土曜日 10:38:10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.