電脳的社長ブログ1               > 其の他、その他 > 工具 ツール > 【電脳的仕様】iPhone5車載充電器のコネクタ差し込みを砥石で削る
工具 ツール

【電脳的仕様】iPhone5車載充電器のコネクタ差し込みを砥石で削る

iPhone5の車載充電器を購入したのですが、コネクタの脇にストラップホルダーをつけたせいで

コネクタに刺さりません。Apple純正のコネクタの差し込みと比べてみると、

コネクタ差し込みの金具を取り付けてある樹脂製の部分が若干大きく、それが邪魔になって

(ストラップとコネクタ差し込みが引っかかって)ドックコネクタに刺さらないのです。

たしかに、純正よりも大きいと思います。ミリ単位の話で、工具で削るわけにも行きません。

バッテリー不足時にすぐに充電できない車載充電器では困りますので、砥石で削ることにします。

砥石にも種類があり、荒砥石、中仕上げ砥石、仕上げ砥石ですが、金剛砂を使うようでしょう。

他のサードパーティー製でもこのような話は良く聞きます。

純正とそうでないものではなぜ使い勝手に差が出るのかと考えると、

純正では直接向き合うユーザーに責任があり、サードパーティーではそうでないからでしょう。

精度を上げるためにはコストがかかり、なるべく安く販売しなければならないメーカーでは

そこに重きを置かなかったと言う事ではないかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG 0021

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                             ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月5日土曜日 06:39:04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.