茅ヶ崎市「O」様邸

【修理】中折れドアを伸長させる歯車の欠けでは

茅ヶ崎市の「O」様邸で中折れドアの締まりが悪いと言うお話を伺いましたので

お邪魔してきました。

ユーティリティー、トイレが付近にある洗面所のドアですのでお互いにぶつからないように

中折れドアを選択したのですが、ドアを閉める時が引っかかる。ということでした。

中折れドアの上部をみてみると、二枚の円形の歯車が噛み合っており、

それがドアが閉まる時に、伸張を補助して、軽く力がかからず閉まるしくみになっています。

問題なのはそれが樹脂製と言う事です。

トイレ、浴室の手前にその中折れドアがありますから、頻繁に開け閉めされるのは当然です。

樹脂製の歯車では多数回の使用に堪えられず欠けてしまったものと思います。

強度に問題が生じる可能性がある部分に、樹脂製は不適当だったかもしれません。

同形の金属製歯車をご用意したいところですが、入手先が難しいと思います。

メーカーと相談して、修理したいと考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Kajiwarakoumuten logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月5日土曜日 09:27:52

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.