電脳的社長ブログ1               > 日々つれづれな話 > 女のかたからの問い合わせは注意が必要とは
日々つれづれな話

女のかたからの問い合わせは注意が必要とは

男のかたと女のかたではどちらのかたがドライかと言うと女のかただと思います。

なぜならば、ビジネスマナーをご存知でないかたが多いと思うからです。

以前こんな話が有りました。

横浜市で当方からは少し離れた位置のかたから雨戸修理のお問い合わせが有り、

女系家族のかたでおつとめのかたばかりでしたから、立ち会いは休日の指定でした。

当方から場所が遠いこともありましたから、「近くにお知り合いがいらっしゃるか、

ご親戚に建築関係のかたがいらっしゃいませんか?」とお聞きすると、

いずれも難しいとの事でしたので、何度か伺って図面とお見積書をお出ししました。

その後、音沙汰が有りませんでしたので、二週間ほどしてお尋ねすると、

「親戚のものに頼みました。」というお返事をいただきました。

彼女は図面と材料を拾った表が欲しかったのです。男のかたはそのような事は無いと感じます。

相見積もりの場合はその旨おっしゃいますし、不調の場合もご連絡いただく事がほとんどです。

そのようなことが何例か連続してありましたので、女のかたからの問い合わせは

注意してお聞きするようにしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Kajiwarakoumuten logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月5日土曜日 05:46:29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.