電脳的社長ブログ1               > 日々つれづれな話 > 門松は正月を迎える風物詩 立派な門松を見て思う事とは
日々つれづれな話

門松は正月を迎える風物詩 立派な門松を見て思う事とは

「もういくつ寝ると」で、すぐお正月です。

現場回りの途中にPCの修理、メンテナンスをお願いしている下田商会さんにお邪魔したところ、

たいそう立派な門松がしつらえて有りました。

おどろいてどちらから購入したのかをお聞きするとお父様が植木職人さんですので

製作されたということでした。

そういえば門松作りは植木職人さんが作る事が多いことを思い出しました。

門松は腰下を藁で巻き、胴には松飾り、芯には竹を使っていますが、

その松飾りは、新鮮なものを使っていますので生命力が有り、

年末年始のほんの短い期間ですが、切り離したものですが、生きているので

みずをやらないと勢いがなくなるそうです。実際にやり取りをしなければわからない事です。

その門松の配達や回収で造園屋さんは時期的に集中しますので相当忙しいのではと思います。

いずれ、自分もその大きな門松に似合った仕事ぶりをしたいものだと考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

門松

門松を備えた様子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月5日土曜日 05:21:35

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.