電脳的社長ブログ1               > 3修理 > 修理のヒント > 【雨漏れ修理】床下への雨水浸入の修理では もとから直さないとダメ
修理のヒント

【雨漏れ修理】床下への雨水浸入の修理では もとから直さないとダメ

ある方から床下への雨水浸入の件で相談を受けました。

住宅の裏山からのあまみずが基礎下に入り込み、なかなか抜けないそうです。

和室の畳も湿気ってしまい、畳はもちろん、その下の床板がダメになりそうという事でした。

常に湿気があるところでは、積層板(ベニヤ)は剥がれやすくなります。

いわゆる「フカフカ」状態になってしまいます。

──────────積層板の弱点

積層板仕様ですと長期間の湿気で接着剤の効果が薄れ、剥がれてきて

強度不足になってしまった訳です。

床下に湿気が有る建物で築年数が経った場合でも和室の床下が腐っていないものがあります。

その場合は積層板でなく単一材で張られています。

むかしは和室床下を通称ザラ板で張っていましたから積層板の剥がれが無いので丈夫な訳です。

──────────床下への雨水浸入

もう少しお話を聞いてみますと、間仕切り基礎の間に給排水を通すスリーブ抜きがあり、

その配管とスリーブ穴の間がきちんと充填されておらず、その隙間から雨水が

裏山から入った分が間仕切り基礎を通して移動してしまう。というものでした。

約二センチほど常時たまっているということです。

ピットがありませんからポンプで汲む事もならず、また、勾配がありませんし、

裏山からの雨水の侵入も止まりませんから常に床下が湿気ている状態だそうです。

──────────対策

まず、雨水の浸入を止める事が先決です。

そのためには、裏山方向の基礎面にFRP系統の防水をします。

そちら方向の基礎面には、良く充填されていない配管穴が有ると思いますから、

そこを重点的に防水をする必要があります。

その後、何カ所か床をはがしてスクレーパーなどで、たまった水をかき出し、

基礎の中が乾いた後で、床下調湿炭なり、床下換気口などを取り付けたほうがいいでしょう。

──────────その後のメンテナンス

そう言う状況ですので、上記の工事をした後でも随時点検できるように

一階の各室に床下点検口を取り付けて経過観察をしたほうがいいと思います。

できれば湿度計データロガーを取り付けたいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Kajiwarakoumuten logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月4日金曜日 17:46:24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.