電脳的社長ブログ1               > 優遇制度 > 【優遇措置】優遇税制、優遇金利のお知らせ 低炭素建築物認定制度
優遇制度

【優遇措置】優遇税制、優遇金利のお知らせ 低炭素建築物認定制度

Lixilさんからのお知らせを転載します。

優遇税制、優遇金利の得点が有りますので参考になればと思います。

その申請には工数に伴う手数料が発生しますので詳細についてはお問い合わせください。

 
平成24年12月4日の都市低炭素化促進法の施行に伴い、低炭素建築物認定制度が
スタートしました。
登録住宅性能評価機関(大規模建築物の場合は登録建築物調査機関)の評価を受け、
認定低炭素住宅の認定を受けることで、下記の通り所得税の軽減や登録免許税の軽減、
フラット35s の優遇金利が適用されることになります。
■所得税の軽減
控除限度額 控除率 10年間の最大減税額
平成24年 4000万円 1.0% 400万円
平成25年 3000万円 1.0% 300万円
■登録免許税率の引き下げ
保存登記 0.15%→0.1%
移転登記  0.3%→0.1%
■容積率の不算入
低炭素化に資する設備(蓄電池、蓄熱槽等)について通常の建築物の床面積を超える
部分を容積率に算入しなくてよい
■フラット35s の金利Aプランを適用
当初10年間 年▲0.3%

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Kajiwarakoumuten logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月4日金曜日 17:31:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.