社長の考え

感謝を忘れた時に起こる事とは

要求するべきものでは有りませんが、有償無償でだれかにいろいろして差し上げた時に

「ありがとう」と言われるとか、感謝の気持ちを態度で表して貰うと気分が良い時があります。

それらがなんにも感じられないと、大変不愉快になる事が多々あります。

そのときにふと、人にいろいろしてもらった時に感謝の気持ちを自分は表しただろうか?

と考えることがあります。

さらに振り返ってみて、ずいぶんと前に相当仕事が忙しかったバブル華やかなりし頃

タダでさえ人手が足りない当社から同業他社へ工員が異動する騒ぎが有りました。

同業社同士ですから顔見知りの間柄です。

知り合いの会社同士で人員の異動は会社同士の諍いの元になる訳です。

その相手先の会社の社長は「本人が来たいと言っているのでいいではないか。」

というスタンスで、話し合いに応じようとしませんでした。

同じ仕事をしている会社には人を引っ張った取られたのトラブルをしてはならない

という不文律が有り、それがマナーであり、矜持なのです。

結局は異動して、なし崩しになりました。

その後その会社は、しばらくして従業員の大幅な異動に会い、立ち行かなくなりました。

自分のした事が、やがて自分に降り掛かってきた訳です。

私も、大なり小なりそのような事をしたことがあり、人のことのみを悪く言えません。

小手先で目先の利益を追った時にはしばらくして、その仕返しを受けてしまいました。

因果は巡るです。

──────────

きょう‐じ〔‐ヂ|‐ジ〕【×矜持/×矜×恃】

《慣用読みで「きんじ」とも》自分の能力を優れたものとして誇る気持ち。自負。プライド。「―を傷つけられる」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月4日金曜日 15:58:20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

You can add images to your comment by clicking here.