電脳的社長ブログ1               > 日々つれづれな話 > 暮らしの通信を休んでいた訳とは Lixilのセキュリティー強化のおかげ
日々つれづれな話

暮らしの通信を休んでいた訳とは Lixilのセキュリティー強化のおかげ

毎年、四季のおりに暮らしの通信という当社の新聞をお客様へ送らせていただいていました。

少し間が空いていたので、発行をやめちゃったのかな?とお思いの方もいらっしゃると思います。

こちらの新聞は、INAXさんからいただいたデータを使っていて、それに手を加えたものでした。

そのINAXさんが、Lixilに統合されましたので、機構改革になり、サイトもINAX、トステム、

サンウェーブ、新日軽などと複数社の集合体で運営されることになりました。

その影響で受け取るデータのセキュリティーが格段に厳しくなって、

さらに専用のウェブアプリケーションの操作が必要で、私が編集を出来なくなってしまいました。

その操作に手間取り、発行が出来なかった訳です。

印刷するのに自分のパソコン ⇆ インターネット ⇆ 自分のプリンターと

編集のたび、印刷するたびインターネットからの命令を待たなければできません。

ネット越しの通信を繰り返す訳です。これでは通信環境に印刷が左右されることになります。

どうしようもありません。ユーザーが使いやすいような環境にしてもらいたいと思います。

反面、複数社の統合になってよい点もあります。

投資金額が増えたので、ひとつひとつの事業が堅牢、進化しました。

たとえば、工務店に便利な販促支援ツール(イベントツール:のぼり、挨拶状:イラストハガキ等)

さらには、建築模型や便利な金物等。INAXだけの時には考えられませんでした。

ということで、統合は功罪相半ばす。というところでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20121031 ページ 1

表面

20121031 ページ 2

裏面

──────────後日談 2012/11/06

Lixilさんからお電話が有り、以前の暮らしの通信を復活させるそうです。

セキュリティーの強化 = 使いやすさではありませんので以前からのユーザーが困ったと思います。

多少はパソコンの知識が有ると自分は自負していますが、それでも新機能には面食らいました。

パソコンにうとい方ではなおさらだったでしょう。

少なくともユーザーにとって使いやすいツールになってほしいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月4日金曜日 15:55:14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.