電脳的社長ブログ1               > 優遇制度 > 【優遇措置】介護保険住宅改修補助の紹介
優遇制度

【優遇措置】介護保険住宅改修補助の紹介

要支援、要介護の認定を受けた方の住まわれる住宅のリフォーム工事には

補助がありますのでご紹介します。

──────────介護保険住宅改修費支給

介護保険で要支援または要介護の認定を受けた高齢者等が居住する住宅の、

特定のバリアフリーリフォームに対して補助する制度です。

自治体によっては介護保険に上乗せ補助をしているところや、

特定高齢者にまで対象を拡大しているところもあります。

───────介護保険による補助の利用は要支援・要介護から(最大18万円)

介護保険による住宅改修費の支給限度基準額は20万円。 1割が自己負担のため、

18万円までの支給が受けられます。ただし、支給条件として、介護保険を申請し、

介護認定の要支援または要介護の認定が必要となります。

介護保険によるリフォームの流れ(介護認定を受けていない場合)

  1. 要支援•要介護認定
  2. サービス計画の策定(ケアマネージャー)
  3. 住宅改修の理由書作成(ケアマネージャー、住環境福祉コーディネーター等)
  4. 図面見積もり作成•申請•審査
  5. 施工
  6. 工事費の支払い
  7. 住宅改修費支給申請
  8. 住宅改修費の支給

介護保険が適用となる工事

1.手摺りの取り付け

玄関・廊下・浴室・トイレや上がり框への手摺りの取り付けなど。

2.床の段差解消

玄関に踏み台の取り付け、廊下等の床のかさ上げ

浴室をユニットバスへ交換するなど

3.滑りの防止及び床材の変更

畳やカーペットからフローリング等への変更など

4.引き戸等への扉の取替え

ドアから折り戸や引き戸への変更、戸車の取り付け、レバーハンドルへの交換など

5.洋式便器等への便器の取替え

和式便器から洋式便器への変更、和式兼用便器に腰掛便器の取り付けなど

6.1〜5の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修工事

市区町村によっては独自の上乗せ補助をしているところもある

介護保険の住宅改修費の支給以外に、独自のバリアフリー補助を実施している自治体は多くあります。

収入要件などがありますが、数十万円~100万円程度の充実した支援をしているところもあります。

地元役所の介護保険課などに確認しておきましょう

──────────当社の介護保険工事例

 02/06-3 マンションリフォーム工事では

──────────お問い合わせ

詳細についてご不明な点がありましたら下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月4日金曜日 12:56:19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.