電脳的社長ブログ1               > 優遇制度 > 【優遇措置】高齢者向け返済特例制度の補助の紹介
優遇制度

【優遇措置】高齢者向け返済特例制度の補助の紹介

高齢者の方に向けてこのような特例制度がありますのでご紹介します。

──────────高齢者向け返済特例制度(生存時は利払いのみ)

住宅支援機構の直接融資として、満60歳以上の高齢者が自ら居住する住宅に

バリアフリー工事または耐震改修工事を行う場合に利用できる制度です。

ローン返済を申込者および連帯債務者(配偶者)が死亡したときの一括返済とし、

毎月の返済を利息のみとする仕組みで、リバースモーゲージの一種です

月々の返済は金利分のみ

高齢者向け返済特例制度とは、満 60歳以上の高齢 一般ローン 高齢者特例者を対象とした制度で、

自宅等を担保にリフォーム資金を借り、元金の返済は

申込本人(連帯債務者含む)の死亡時に、建物・土地の処分等により一括返済するという仕組みです。

月々の返済は金利分だけでよく、右の表のとおり、通常のローンに比べて月々負担は大幅に軽くなります。

高齢者にとっては、生活資金を取り崩さずにリフォーム資金を獲得できるという魅力があります。

月々の返済比較例

借入金額 月々の支払い(金利 2.68% 10年返済) 月々の支払い(金利 2.68%)

100万円  9,509円  2,233円

200万円  19,018円 4,467円

300万円  28,527円  6,700円

400万円  38,036円  8,933円

500万円  47,545円  11,167円

600万円  57,054円  13,400円

700万円  66,563円  15,633円

800万円  76,073円  17,867円

900万円  85,582円  20,100円

1,000万円 95,091円  22,333円

──────────高齢者向け返済特例制度の条件

高齢者返済特例制度を利用できるリフォーム工事は、バリアフリーリフォームまたは耐震改修です。

いずれも住宅金融支援機構が定める技術基準に適合していることを示す適合証明書を取得し、

提出する必要があります。

適合証明書は検査機関または適合証明技術者(登録された建築士)が発行します。

対象者

-借入申込時に満60歳以上の人で上限はなし

※借入申込時に満60歳以上の同居親族は連帯債務者となることができる

-総返済負担率が次の基準以下である方

年収が400万円未満の場合 30%以下

年収が400万円以上の場合 35%以下

対象となる住宅

-工事完了後の住宅部分の面積が50m2(共同建ての場合は40m2)以上の住宅

-本人または配偶者等が居住する住宅

対象となる工事

(1)バリアフリー工事

-床の段差解消

-廊下および居室の出入口の拡幅

-浴室および階段の手すり設置

(2)耐震改修工事

-市町村の発行する「認定通知書」が必要

融資限度額

次のいずれか低い額

.1,000万円(住宅部分の工事費が上限)

-高齢者居住支援センター((財)高齢者住宅財団)が定める保証限度額

返済期間

申込本人(連帯債務者も含む)の死亡時まで

金利

全期間固定耐震改修工事はバリアフリー工事の-0.2%

返済方法と返済額

毎月の支払は利息のみ

高齢者居住支援センター((財)高齢者住宅財団)の保証が必要

保証

(保証料及び事務手数料はお客様負担)

──────────お問い合わせ

詳細についてご不明な点がありましたら下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月4日金曜日 12:55:11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.