電脳的社長ブログ1               > 優遇制度 > 【太陽光発電】住宅用太陽光発電の補助金の紹介
優遇制度

【太陽光発電】住宅用太陽光発電の補助金の紹介

出尽くした感のある太陽光発電の情報ですが、一部変更された部分もありますので

再掲します。参考になれば幸いです。

──────────太陽光発電についての補助の概要

住宅用太陽光発電導入支援補助金 3.5万円/kW または3.0万円/kW H25.03.29まで

55万円/kW 以下の太陽光発電システムの設置(税別、一定の工事費込み)に対して、

3.5万円/kW または3万円/kW を国が補助します。

また約650の地方自治体が独自の補助制度を設けており、併用できるケースがほとんどです。

システム単価が55万円/kW 以下の場合は3万円/キロワットの補助、

47.5万円/kW 以下の場合は3.5万円/kW の補助となります。

太陽光発電補助金の応募は平成25年3月 29日まで

平成24年度の応募期間は4月 19日~平成25年3月29日(消印有効)まで。

ただし、予算に達すれば期間内でも締め切られます。

また、電力受給開始期限は、受理決定後新築が7カ月以内または平成25年 11月29日まで、

リフォームは4カ月以内、建売は4ヶ月以内または平成25年 11月29日まで。

補助金交付申請書(兼完了報告書)は電力受給開始後2カ月以内または平成26年 1月31日までです。

──────────補助金を受けられる太陽光発電システム

補助金を受けるには、右記の条件を満たすシステムである必要があります。

また、補助金申し込みの受理決定前に補助対象システムの工事に着工していないことが

条件となっています。

なお、個人の場合は、国内クレジツト制度に基づく排出削減事業等について

実施に関する意思を表明することが必要となります。

──────────補助金額は2段階

1kWあたりの補助金の単価は右表のとおり、

1kWあたりの補助対象経費(システム価格+工事費)に応じ、2段階となります。

交付される補助金額は、申込時に確定した補助金額及び補助金単価が上限となり、

申請後にシステム変更があった場合でも、

(2)から(1)への変更は認められません。

10年間、 42円/kWhで電力会社に売電できる

──────────補助金が受けられるシステム

1売電できるシステムであること

2太陽電池の公称最大出力またはパワーコンデイシヨナの定格出力が、10kW未満であること

3適合機種として J-PEC に登録された対象システムであること

4補助対象経費が 1kW当たり 55万円(税別)以下であること

5太陽電池モジュール・パワーコンデイショナは未使用であること

1kWあたりの補助対象経費(税別)   1kWあたりの補助金単価

1 3.5万円を超えて47.5万円以下   3.5万円

2 47.5万円を超えて55 .0万円以下    3.0万円

 

平成 24年4月 ~6月の余剰電力買取制度の買い取り価格は、

昨年と同じ住宅用 (10kW未満)で42円 /kWhで 10年間。

太陽光発電+家庭用燃料電池などによる「ダブル発電」住宅の場合は、 34円/kWhとなります。

7月からの買い取り価格も同じ金額になる見込みです。

(10kW未満が10年間、 10kW以上は20年間の見込み)

──────────お問い合わせ

詳細についてご不明な点がありましたら下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月4日金曜日 12:47:26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.