電脳的社長ブログ1               > 優遇制度 > 【優遇措置】住宅用リチウムイオン蓄電池設置の補助金の紹介
優遇制度

【優遇措置】住宅用リチウムイオン蓄電池設置の補助金の紹介

住宅にリチウムイオン蓄電池を設置する場合には補助金がありますので

そちらを紹介します。

──────────

定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金

スマートハウスの登場によって住宅用として実用化が進むリチウムイオン蓄電システムの

更なる普及拡大を目的に創設された補助制度。補助金額は個人が蓄電システムを設置する場合、

機器の1/3、上限が100万円です。

予約申請は平成25年 12月 31日まで

補助金をもらうためには平成25年 12月31日まで、に予約申請を行う必要があります。

予約決定通知書を受け取った後、設置を予定した蓄電システムを速やかに購入(または契約)し、

設置を完了させ、設置・施工証明書等を添えて交付申請を行います。

交付申請期限は平成26年 1月 3 1日までです。

補助の対象となる蓄電システム対象となる蓄電システムは、リチウムイオン蓄電池部に加え、

インバータ、コンパー夕、パワーコンデイショナ等の電力変換装置を備えたシステムとして

一体的に構成されているもので、環境共創イニシアチブ (SII)が認めたシステムであることが条件です。

個人が蓄電システム(1.0kWh以上)を設置する場合、機器費の3分の1、上限100万円までが補助されます。

リチウムイオンバッテリーとは

現在実用化されている充電池(蓄電池)の中で、もっともエネルギー密度が高く、

高い電圧が得られるのがリチウムイオンバッテリー。

ノートパソコンや携帯電話などのバッテリーとしてよく使われていますが、

住宅用は、簡単にいえばそれをいくつも並べて大型化したもの。

夜間に充電して昼間の時間帯に利用するピークシフト用の電源として活用したり、

天候に左右されやすい太陽光発電システムと組み合わせて、

電気の安定供給を図る切り札と期待されています。

──────────お問い合わせ

詳細についてご不明な点がありましたら下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月4日金曜日 12:42:49

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.