電脳的社長ブログ1               > 優遇制度 > 【優遇措置】HEMS(Home Energy Management System)の補助の紹介
優遇制度

【優遇措置】HEMS(Home Energy Management System)の補助の紹介

──────────HEMS補助の紹介

新築時に必要な情報の第一弾として

HEMS(Home Energy Management System)の事について書いてみたいと思います。

国の方針として省エネルギー化を奨励しています。その一環の一部としての制度です。

建築の場合の税制特例措置、税制優遇措置、その他の優遇措置は多々ありまして、

工務店といえどもすべてを把握するのが大変です。

そちらを支援していただいている会社からの情報を示します。

──────────HEMS詳細

エコ設備のための優遇制度

エネルギー管理システム導入促進事業費補助金(HEMS 導入事業)

家庭内の電力需要を一元的に管理し、調整できるエネルギー管理システム

(ホーム•エネルギーマネジメントシステム)を導入する制度。平成24年度は定額10万円が補助されます。

応募は平成26年 1月 31日 まで HEMS導入事業の事業期間は平成24年4月 19日から平成26年3月31日まで。

ただし、期間中に補助対象機器を設置し、補助金の支払いを受けるため、

補助金の申請期限は平成 26年 1月末日まで、となっています。

HEMS機器の補助金申請の方法補助対象となるHEMS機器は、右の3つの基本要件を満たしたもので、

なおかつ環境共創イニシアチブ ( SII )が認めたシステムであることが条件です。

補助金申請方法は簡単です。

機器を購入、設置した後に交付申請書および設置完了報告書などを添えてSIIに申し込むだけ。

ただし、特別な審査がない代わりに、 SII指定のシステムでなければ補助金はもらえません。

機器選定前に必ずSII のホームページで指定機器を確認する必要があります。

[補助対象のHEMS機器の基本要件1

1.見える化

・住宅所有者が使用する空調、照明等の電力使用量を個別に計測・蓄積し、データの「見える化」が図られること。

2 .制御機能

•ECHONET Liteによる空調・照明等を制御する機能を有していること。

•機器の制御に係る装置(コントローラー等)のアプリケーションに1つ以上の機器

オブジェクトを搭載すること。

•自動制御や遠隔制御等、電力使用を調整するための制御機能を有すること。

3.標準インターフェイスの搭載

•「ECHONET Lite」 (エコーネットライト)規格を標準インターフェイスとして搭載していること。

•ECHONET Liteの搭載証認書(仮称)を提出できること。

HEMS(へムス)とは

HEMSとは、住宅のエアコンや給湯器、照明等の「エネルギー消費機器」と、

太陽光発電システムやガスコージェネレーションシステム(燃料電池等)などの

「創エネ機器」と、発電した電気等を備える蓄電池や電気自動車 (EV)などの

「蓄エネ機器」をネットワーク化し、管理する『ホーム・エネルギーマネジメントシステム

(Home Energy Management System) のこと。

いま話題のスマートハウスを建てるには不可欠な装置です。

──────────お問い合わせ

詳細についてご不明な点がありましたら下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月4日金曜日 12:41:52

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.