横浜市戸塚区「N2」様邸

【メンテナンス】内装建具調整の話

長年お住まいになってくると内装建具がドア枠に擦るようになる場合があります。

たぶん、不動沈下によるものではないかと思います。

木造住宅でも最近の場合はベタ基礎が多いですから、不動沈下はあまりありません。

それが原因で、極端に言うとドア枠がひし形になる訳です。

開き戸のドア枠に内装ドアがこすらないようにするために調整をします。

最近のメーカー製のドアではXYZの三次元で調整が出来ますが、

以前の建具屋さん製作のものではそれが出来ません。

その場合には、X方向(横方向)に調整します。

具体的には、ドア枠と丁番の間にスペーサーをはさむ訳です。

調整する幅は、およそ0.1から0.5ミリ程度の間です。

ごく薄い紙を何枚かはさんで様子を見ながら調整します。

0.5ミリというと、たったそれだけ?と思われるかもしれませんが、実際には大きく動きます。

そのほんの少しの厚みのスペーサーで調整が出来ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月4日金曜日 06:00:04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.