電脳的社長ブログ1               > 保険の話 > 【保険】中学生に48万円!? 〜ライフサイクルにおいて、お金を貯める時期とは〜
保険の話

【保険】中学生に48万円!? 〜ライフサイクルにおいて、お金を貯める時期とは〜

12/11 中学生に48万円!? 〜ライフサイクルにおいて、お金を貯める時期とは〜

FP(ファイナンシャル・プランナー)のひとりごとシリーズ

──────────寄稿者の紹介

この投稿は、ファイナンシャルプランナーのかたから寄稿していただいています。

暮らしに役立つ保険の話を紹介しています。

──────────

中学生に年間48万円!?

この数字は、公立に通う中学生1人あたりに要する教育費は年間48万円だそうです。

(文部科学省調べ・平成20年度) 月4万円です。

ちなみに私立に通う中学生の教育費は年間約124万円。公立の約2.6倍です。

月に割ると10.3万円。 いずれにしても、結構な費用です。

公立中学は学費は無料ですが、教材費や修学旅行などの雑費はかかります。

地域によっては給食費もかかります。

部活費用や遠征費用なども含まれるのかもしれません。

そして、大きいのが塾などの学校以外の教育費です。

いまや、学校だけの勉強では、高校受験は難しい時代なのかもしれません。

さらに、部活などのユニフォーム・シューズ・道具類や交際費、

はたまた携帯電話代金などもかかります。

これらの費用は上記の金額には含まれていないのかもしれません。

細かいところでは、電車・バスなどの交通費もおとな料金です。

いずれにしても、子供が小学生から中学生になると、突然、お金がかかる印象です。

夫婦のライフサイクルを考えた場合に、まず最初に教育費がかかる時期が幼稚園です。

次がこの中学校。そして、高校・大学へと、さらに教育費プラス関連費用はかかってきます。

この子供が中学〜大学生は、多くの家計で『赤字』になってしまう期間です。

多くの家庭で財政が厳しくなります。

なので、この時期以外で『お金を貯める』ことをしておく必要があります。

人生でお金を貯めやすい時期は、実は限られています。

大雑把ではありますが4つの時期しかありません。

①独身時代

②結婚して、子供が幼稚園まで

③子供が小学生の時期

④末子が大学を卒業後

あなたのご家庭はどのあたりでしょう。

将来の国の年金は、あてにならないかもしれません。

どんどん、支給額は減ってきますし、開始年齢も遅くなってます。

老後のために、自己責任でお金を貯めよう!と決意をしても、

意外にその時期は限られているものです。

でも、今がどの時期でも、思い立ったときに少額でも始めてみることが大切かもしれません。

遅くなればなるほど、厳しくなることはわかっているので。

12月はボーナスの時期です。

日本経済の為には、大いにお金を使ってほしいとは、思います。

なので、貯金がいいこと・・とは、100%思いませんが、

将来の自分の為の投資は不可欠の時代かもしれません。

さて、お金を貯めるというと、まず最初に銀行を思い浮かべますよね。

でも、日本の銀行は金利が低いから魅力がない。

また、「ウチはちょうど子供が大学生と高校生。だから、1円も貯金できません」

こんな方もおられるでしょう。

そんな方に一度、ご自身の生命保険証券を確認してほしいと感じます。

私の生命保険は、いま、改めて内容を確認してみると、

知らぬ間(当時は知識がまったくなかったので・・)にお金が貯まっていたりします

今の年齢になってみると、これはありがたい。 当時は、私は素人でしたので、

なにもわかっていませんでした。

ただ、月に1万円以上のの保険料を払っていることは知ってましたが・・。

当時の担当の言われるがままに加入しました。 この担当者が良かったのでしょう。

さて、多くの人は、保険と貯金を別に考えます。

でも、この2つを一緒にすれば、月々の出費も抑えられて、

思った以上に「お金を働かせること」が、できます。

これが生命保険の魔法のひとつです。

ご興味があれば、 小冊子『保険のかたちはたったの3つ!

〜間違えてしまうと大きな損をしてしまう?』 をご請求ください。

ほしい方は梶原工務店様・社長までご連絡をお願いします。

よく、「保険の見直し」って、聞きますよね。

ただ、間違えてしまうと、本当に損をしてしまいます。

このテーマは、いずれ改めます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月4日金曜日 04:01:45

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.