電脳的社長ブログ1               > 其の他、その他 > 地盤調査 > 【地盤調査】地盤調査はこのような項目を検査します
地盤調査

【地盤調査】地盤調査はこのような項目を検査します

当社では地盤調査をジャパンホームシールドさんに依頼しています。

地盤調査の内容を説明した「地盤調査テクニカルガイド」ダイジェスト版を

いただきましたので一部紹介します。

詳細版は専門家向けになっていますので、設計者様のみ送付とさせていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

──────────以下は抜粋です。

当社では、基礎については建築基準法施行令第38集

(関連法規/建設省告示第1347号)、

地盤および基礎ぐいについては建築基準法施行令第93条

(関連法規国土交通省告示第1113号)に基づくと共に、

独自の評価基準を加えた右記の3項目8要素にて検討・評価を行います。

地盤のバランス

長期許容応力度の算出

「長期許容応力度」とは一般に支持力ともいい、地盤の強さを表します。

家の荷重<長期許容応力度(支持力)

軟弱層の厚さのバランス

軟弱地盤の厚さに違いがあるときは、厚い方へ傾いて沈んでしまうケースがあります。

そのため建物下に軟弱な地層が存在する場合、

この軟弱層の厚さが均−に分布しているかを調査結果より確認します。

盛土と埋め戻し土の状態

厚さや 時期について

締まり具合について

地盤は雨が降ることにより、締め固まっていくという性質があります。

(水締め効果といいます)。盛土や埋め戻し土を実施して間もないあい

だは、この水締めにより沈んでいく可能性があり、注意が必要です。

バランスの悪い地盤に建てられた家は、不同沈下を起こしやすいのです。

軟弱地盤とは

地面は、土の粒子と水と空気で構成されています。すき間が多がったり、

特にそこに水がしみ込んだ土は柔らかく、荷重で沈み込む場合があるのです。

KN(キロニュートン)

物質には、質量と重量という二つの側面があります。質量は物体そのものの量で、

これは宇宙のどこにあっても一定です。単位はキログラム(kg)やトン(t)などで表します。

これに対して重量(重さ)は引力を加味した単位で

例えば地球より引力の小さい月では、重量は地球より軽くなります。

(月の場合は地球の1/6)単位はニュートン(N)、キロニュートン(kN)です。

地球上では、1kg は約9.8N、1t は9.8N となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月4日金曜日 03:06:15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.