電脳的社長ブログ1               > 3修理 > 神奈川県 > 横浜市修理 > 横浜市戸塚区「N2」様邸 > 【修理相談】建築後10年もたつと当時の工務店とは疎遠になるものですね
横浜市戸塚区「N2」様邸

【修理相談】建築後10年もたつと当時の工務店とは疎遠になるものですね

横浜市戸塚区「N2」様から修理、メンテナンスの見積依頼をいただきまして

訪問させていただきました。

おうかがいすると一見新しいのですが建築後10年だそうです。

建築された工務店にどうして依頼されなかったのですか。とお尋ねしたところ、

分譲住宅なので、販売会社とは逢っていましたが実際に工事をされた

工務店さんとは逢っていないことと、販売会社を通してメンテナンス修理を

お願いするのは。ということでした。これで合点がいきます。

内容としては

  1. 玄関ドアがしまりにくい
  2. レンジフードの吸い込みが弱くなった
  3. トイレの換気扇の   〃
  4. 浴室の 〃
  5. 厨房のシングルレバー水栓の水漏れがする
  6. 洗面所入口のドアの開き勝手が悪いので直したい

などと、いろいろあります。

住宅にはメンテナンスが必要です。

普段からやり取りがあれば、私どもにとっては継続的なお仕事になりますし、

お客様にとっては、具合が悪いときにはすぐにきて直してもらえる。

と言うメリットが有るかと思います。特に玄関ドアですね。

玄関ドア自体の重さで少し下がり気味になっています。

そのせいで、ドア枠とこすれていますので閉まりにくいのです。

それを、少々調整してあげてやればこすれることはありません。閉まりやすくなるのです。

ほんのちょっとの調整で直るんですが建築に携わっていない方はわからないと思います。

お客様とご相談して処理したいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月3日木曜日 17:50:04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.